1. HOME
  2. 睡眠関連コラムPMSによる睡眠障害の原因は?生理前の眠気・不眠をサプリなどで対策

PMSによる睡眠障害の原因は?生理前の眠気・不眠をサプリなどで対策

PMSによる睡眠障害の原因は?生理前の眠気・不眠をサプリなどで対策

月経前症候群、いわゆるPMSの際に睡眠障害を感じる方も多いと思います。十分に寝たはずなのに眠気が取れなかったり、昼間なのに思いっきり寝てしまったり、場合によっては日常生活に支障をきたすこともあるでしょう。今回はそんな睡眠障害の原因と共に対策方法も紹介していきます。

PMSによる睡眠障害の原因は?

PMSによって睡眠障害が引き起こされるのは女性ホルモンのバランスが崩れるせいだと言われています。人間というのは眠る際に体温を下げる性質があるのですが、PMSで女性ホルモンのひとつ、プロゲステロンの分泌が盛んになってしまうと体温が下がりにくく、体が覚醒モードなってしまいます。これによっていつまでも眠りに入ることができず、夜の睡眠時間が短くなった結果、昼間に眠気を感じることが多くなるのです。寝る前にお風呂に入ると良いと言われるのは上がった体温が下がることで自然と眠りにつけるから。体温調整は睡眠にとても大切な行為なのです。

また、PMSではプロゲステロンが増えると同時にエストロゲンが減少します。このエストロゲンも女性ホルモンのひとつで、減少してしまうとセロトニンの分泌量も減ってしまうのです。セロトニンというのは睡眠に関する記事によく登場する脳内物質のことで、睡眠ホルモンであるメラトニンの材料です。人間は夜になってメラトニンが増えることで眠くなる生き物。セロトニン不足からメラトニン不足に陥ってしまうと眠れなくなってしまいます。簡単に言えば、女性ホルモンの乱れがメラトニンを減らしてしまうということ。さらに、PMSが酷いむくみや頭痛、各部の痛みなどを引き起こすことで眠れなくなることもあるようです。

PMSの眠気や不眠をサプリで解消!

女性特有のPMSからくる日中の眠気や不眠にはサプリが効果的です。先ほども言ったように入眠をスムーズにするためには体内のメラトニン量が重要。これをサプリで補給すれば辛い不眠も自然と解消するでしょう。ただ、ひとつ問題なのがメラトニンのサプリが日本には存在しないこと。海外製品なら存在するのですが、日本の場合は残念ながら薬事法の関係でサプリとして販売することができません。とは言っても、メラトニンのサプリは本来持つメラトニンの生成能力を落としてこともある製品。それに海外のものは日本人の体質に合わないことも考えられます。

ですので、メラトニンを増やすためには国産のサプリを利用しましょう。メラトニンを直接配合するものはないものの、最終的に体内でメラトニンへと変化する、トリプトファンを含むサプリなら存在します。これを継続的に摂取することでPMSによる不眠を和らげることができるはずなので、含有量に注目しながら選ぶようにしてみてください。同時にグリシンやテアニン、GABAなども含んでいるとなおグッドです。

気分を落ち着かせることも大切

PMSによる不眠はプロゲステロンによる覚醒モードも原因のひとつ。メラトニンを増やすと同時に睡眠前のリラックスも重要になってきます。ですので、サプリと同時に自分のリラックスできる環境づくりにも力を入れてみてください。たとえば、最近流行りのハーブティーには心を落ち着かせる効果をもつものが多めです。ブレンドの仕方などで自分好みの味や香りに調整することもできるので、リラックスのために始めてみてはどうでしょうか。

また、先ほども言ったように睡眠前のお風呂はとても効果的です。ただ、熱すぎるお風呂は逆効果になってしまうので、40度以下のぬるめのお湯にゆっくりと浸かるようにしましょう。寝る直前よりも2時間ほど前がいいとされます。他にもアロマの臭いを嗅いだり、部屋の光を調整したり、いろいろな方法があるので自分に合った方法を取り入れていきましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.