1. HOME
  2. 睡眠関連コラム交代勤務睡眠障害って?不規則な生活リズムでなる不眠症の症状と対策

交代勤務睡眠障害って?不規則な生活リズムでなる不眠症の症状と対策

交代勤務睡眠障害って?不規則な生活リズムでなる不眠症の症状と対策

不規則な生活リズムが原因「交代勤務睡眠障害」とは

眠れない、とひと言で言っても皆がすべて同じ理由とは限りません。ストレスや日常的に受けるものが原因で不眠に陥ることもあれば、何かしら別のものが原因で起こる場合もあります。それぞれの場合に応じて必要な対処がいるわけですが、まずは自分がどういったタイプの不眠なのかを見極める必要があります。

そんな不眠の様々な原因のなかでも、最近あるひとつの症状が注目されています。それは「交代勤務睡眠障害」というものです。その言葉からも大体イメージすることができますが、お仕事で夜勤が入る場合がある方に見られるもので、最近ではわりとポピュラーな睡眠障害の一種としてもカウントされています。夜勤者の約2割がこの症状を抱えている、というデータもあり代表的な夜勤病のひとつでもあります。

お仕事の都合上、夜勤がある場合はどうしても仕方のないことかもしれませんが、必要な対処法をとらなければ体は休めませんし、どんどん体力も奪われてしまいます。では一体どのように向き合っていけばいいのか、少し考えてみましょう。

「交代勤務睡眠障害」が起こる原因とは?

まず交代勤務睡眠障害の主な症状としてあげられるのは、寝付きが悪かったり、すぐに目が覚めてしまうというものです。本来人の体温というものはある一定のリズムに沿って変移しているため、通常の場合ですと朝から昼にかけて上昇ののち、夜になると下がっていくというのが普通です。これは夜勤者であろうとそうでなかろうと、人間の一般低なリズムの話であるためこれが全ての方のベースになります。つまり夜勤の方の場合は体温が高い状態で眠らなければならないため、寝付きの悪さや眠りの深さが不十分になってしまう可能性が高いというわけです。

また昼間、太陽の光を浴びられないことも睡眠障害の原因となります。日光は睡眠を促してくれる「メラトニン」というホルモンを作り出すために必要なので、日光を浴びる時間が少ないとこれが作られなくなってしまうのです。さらにそのメラトニンを作り出すセロトニンも不足してしまうことで快適な眠りから遠ざかってしまうというわけです。

正しい対処法を知って睡眠障害を改善しましょう

正常な睡眠を促すためにはやはり朝起きて夜に眠る、というリズムで生活することが一番です。しかしお仕事の都合上、どうしてもそういうわけにはいかないという方も多いでしょう。その場合はやはりできる限りの方法を実行することをおすすめします。

例えば夜勤明けはできるだけ早くベッドに入るようにする、という習慣をつけることです。先ほどもお話したように、朝から昼とどんどん時間の経過とともに体温は高くなります。すると眠りづらくなってしまうので、睡眠の質も低下していきます。それを防ぐためにもできるだけ体温が上がる前に寝てしまうのです。他にも高照度光療法というものを試してみるのはいかがでしょうか。これは専用の機械で人工的に太陽の強さの光を浴びようというもので、睡眠障害の改善にも使われています。これもまたひとつの方法ですので視野に入れてみてください。

できる限りの方法を試してみましょう

ちょっとした工夫を取り入れることで睡眠障害は改善することが可能です。例えば睡眠サプリを使用してみるなどもひとつの方法ですので、まずは自分がやりやすい方法からひとつずつ試してみるといいでしょう。睡眠というのは人間にとって絶対に欠かしてはならないものです。心を休めるためにも体を休めるためにも、是非ご自身のために睡眠障害を改善していきましょう。どうしても自力では無理、という場合は病院へ行って診察を受けることもお忘れなきように。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.