1. HOME
  2. 睡眠関連コラム目が悪くなった原因は不眠かも!睡眠不足と視力低下の意外な関係

目が悪くなった原因は不眠かも!睡眠不足と視力低下の意外な関係

目が悪くなった原因は不眠かも!睡眠不足と視力低下の意外な関係

意外な関係!不眠が原因で視力は低下する?

睡眠をとるということは同時に体の機能を休めることでもあります。眠っている間に人は体の中で壊れた部分の修復を行い、また新しく生まれ変わります。目を閉じるという行為は、直接目を休めることにも繋がりますので、普段スマホやパソコンなどで目を酷使している方はとくに重要な休息タイムと言えるでしょう。

実はこの睡眠と目は直接的な関係があります。実は睡眠をとることは目をリラックスさせて、目の疲れを回復させる働きを持っていることが分かっています。つまり寝不足の状態でパソコン画面やスマホを見たりすると、うまく焦点が合わなくなってしまうなど何かしら支障が出てしまうということです。これが長く続けばどんどんその力が衰えてしまいます。そう、視力の低下にも繋がっていくというわけです。

適度な休息と目の周りをリラックスさせることを意識する

視力の低下を防ぐためには、やはり目を休めることを意識するのが大切です。どうしても仕事上パソコンを使う機会が多い、という方もできるだけ一時間に一度休憩をとるなどして、目を休める時間を積極的に確保するようにしましょう。ホットタオルを活用するのもおすすめですし、ただ目を瞑っているだけでも十分休息になります。視力は一度低下してしまえば基本的に元に戻ることはありません。それだけは注意しておきましょう。夜はできるだけで睡眠をとって長く目を休めてあげること、目は大事にしましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.