1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠で汗が酷くなる理由と対処法!汗をかくのは睡眠不足のせいかも

不眠で汗が酷くなる理由と対処法!汗をかくのは睡眠不足のせいかも

不眠で汗が酷くなる理由と対処法!汗をかくのは睡眠不足のせいかも

汗に関するその悩み、実は「睡眠不足」が原因かもしれない?

夏になるとたくさん汗をかきますが、実は私たちは夏だけでなく寒い冬の季節にも汗をかく生き物です。あまり意識していない方も多いかもしれませんが、眠っている間にも人は汗をかきます。これはおかしなことではなく、健康な身体を維持するためにも必要な自然な現象であり、正常に体の機能が活動している証拠でもあるのです。

しかしこの健康のバロメーターでもある汗は、ときに正常ではなく体の異常を知らせるサインになることもあります。特に日中の場合は激しい運動をしているわけでもないのにひどく汗をかいてしまう、また眠っている夜間に大量の寝汗が出る時は肉体だけでなく精神的に疲労を感じている可能性が考えられます。この場合はまず自分の今の体の状態を見直す必要があるといえるでしょう。

そしてこの他にも汗は「睡眠不足」によってひどくなるということが分かっています。なぜ睡眠が足りないことで汗をかいてしまうのか、その原因について少し詳しく知っていきましょう。

なぜ睡眠が不足すると汗をかいてしまうのか

一見、汗と睡眠は深く関わりがないように思うかもしれません。そのためひどい汗をかいても「たまたま今日は暑かったんだ」とあまり気にしない方も多いでしょう。しかしそれが寝不足からくるものであった場合、このままの状態を続けていくと体調の悪化を招いてしまう可能性が高くなります。

汗が酷くなる仕組みを簡単に解説すると、まず睡眠の際に我々の体のなかで成長ホルモンが分泌されるという働きが起こります。成長ホルモンとはその名前からも分かる通り、体の機能を高める・成長を促すために重要なホルモンでもあります。身長を伸ばすことにも大きく関係していますが、この他にも代謝のコントロールなどダイエットや美容などにも大きく関係しています。つまりこのホルモンが正常に分泌されないと、からだ全体に大きく支障をきたすというわけです。

成長ホルモンの不足によって起こることは様々なものがあげられますが、そのなかのひとつが汗のコントロール機能が衰えてしまうというもの。つまり寝不足によって汗をかきやすくなってしまうのは、ホルモンのバランスが乱れることによって起こってしまうということです。

まずは眠りを重視することが一番です

睡眠不足によって汗をかくようになってしまった、という場合はやはりまずしっかり睡眠をとることを重視しましょう。もし眠れないなど、何か睡眠に関する不安がある場合はそちらを解決することを優先してください。できるだけ眠りやすい環境をつくるということも大切なので、工夫を取り入れることもオススメです。たとえば最近注目されている睡眠サプリを使うのも一つの手でしょう。睡眠サプリは直接眠りを誘うものではありませんが、快適な眠りに誘ってくれるよう手助けとなってくれるものです。

ストレスなどが原因で眠れなくなっている、という場合はそのストレスを解消させることも考えてみてください。自分にとって今、どんな対処が必要なのかをまずは第一に考えること。自分が眠れなくなっている原因は何なのかを知ることで、睡眠不足を解消させることができるでしょう。

とにかく10分でも早く眠る習慣を

眠りの質やなんだと色々言われるかもしれませんが、まずは10分早く布団に入るようにする、ということを心がけるだけでもかなり変わってきます。例え眠れなくとも、毎日5分でも10分でも早く布団に入る、ということを習慣づけることで体は自然と眠りモードに入りやすくなります。最近なんだか汗がひどくなってきたな、と感じている方はまずは早く寝ること。そして眠れる工夫について考えてみましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.