1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠で成長ホルモンの分泌が低下する!低下の悪影響と対策を知ろう

不眠で成長ホルモンの分泌が低下する!低下の悪影響と対策を知ろう

不眠で成長ホルモンの分泌が低下する!低下の悪影響と対策を知ろう

眠らない、ということは体に様々な悪影響を与えることが分かっています。体の機能を上手く回復できないだけでなく、様々な箇所に不調をきたします。また、子どもさんの成長や人間の体づくりにも重要な「成長ホルモン」にも大きな影響を与えることが分かっているのです。

不眠によって起こる様々な悪影響とは

昔からよく聞く言葉のなかに「寝る子は育つ」というものがあります。子どもの頃はなかなか理解できず、ついつい夜更かしをしては親に怒られるという経験をされた方も多いのではないでしょうか。実際にこの眠る、ということは体を成長させるために非常に重要なものです。なぜなら、眠っている間に分泌される「成長ホルモン」こそが、からだのあらゆる作用に関係しているからです。

成長ホルモンは子どもにとって最も重要なもの

この成長ホルモンは筋肉の発達や骨の成長などに欠かすことができない、非常に重要なホルモンの一つです。若いうちは不足することは少ないのですが、段々加齢や外部から受ける影響によって不足しがちになります。お子さんが身長を伸ばしたいと思った時は、やはりこの成長ホルモンを分泌させるためによく眠ることが大切になります。

大人にとっても重要な成長ホルモン

そしてこの成長ホルモンは子どもさんだけでなく、大人にとっても非常に大切なものです。成長ホルモンは先ほど述べたように筋肉や骨の成長に関わっているため、大人になってからも重要な働きを担っています。他にも脂肪の燃焼を促したり、美肌効果を高めてくれるなど、美容面でも重要な作用が期待されるのです。

睡眠不足になると当然不足してしまう

もちろん睡眠が足りないと成長ホルモンは上手く分泌されなくなります。すると先ほどあげたような働きが期待できなくなるばかりか、体の疲れがとれにくくなったり、病気への抵抗力が弱まってしまうこともあるのです。思った以上に、睡眠不足によって体へ与える影響は大きいものなのです。

成長ホルモンを正常に分泌させるための対策

からだにとって必要な成長ホルモンを正常に分泌させるためには、やはりきちんと眠ることが重要となります。ただ布団に潜り込んでしまう、というのも間違いではありませんが、より成長ホルモンの分泌を促すためにも「睡眠の質にこだわってみる」ということをおすすめします。睡眠の質にこだわるためにはまず、自分の生活習慣を見直すのが一番手っ取り早いでしょう。

規則正しい時間に寝起きする

まずこれが出来ていない方が結構多いのですが、毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きる。その際睡眠時間は6時間以上は確保すること、を目安にしていきましょう。毎日規則正しい生活をすることで体のリズムは正常化していきます。自分の体にインプットさせることが非常に重要なのです。

栄養バランスのとれた食事

心地よい眠りを求めているのであれば、栄養バランスもしっかり考えなければなりません。脳にきちんと栄養を行き渡らせるためにも、ビタミンやミネラルなど、バランスよく栄養を摂取していきましょう。不足している分はサプリメントなどを使ってみるのがおすすめです。

睡眠サプリメントもおすすめ

最近多くの種類が販売されていますが、睡眠サプリメントを使ってみるのもいいでしょう。眠りやすい環境づくりの一つの策として覚えておいてそんはありません。起きた時の疲労感も軽減されるなど、嬉しい効果をもたらしてくれるでしょう。

成長ホルモンをドンドン分泌させよう!

睡眠時間だけでなく、眠りの質にこだわることで成長ホルモンは分泌されます。最近体の調子がいまいちだな、疲れがとれないな、と感じたら是非眠りを意識してみてください。眠りはやはり人間にとっての基本です!

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.