1. HOME
  2. 睡眠関連コラム低血糖が原因で不眠が悪化する?睡眠のために気を付けたい食事

低血糖が原因で不眠が悪化する?睡眠のために気を付けたい食事

低血糖が原因で不眠が悪化する?睡眠のために気を付けたい食事

不眠を悪化させる原因というのは様々なものが考えられます。ちょっとしたことが不眠に関わることもあるため、それを知っているか知らないかでも大きく違います。そのなかでも「低血糖」が原因となることもあるのを是非知っておいてください。

不眠と低血糖はなぜ関係しているのか?

不眠の原因には様々なものがあげられます。体のちょっとした変化によって起こることもあるため、非常に注意が必要になります。例えばダイエットの際によく耳にする「血糖値」これも実は不眠と大きく関係していることをご存知でしょうか。

血糖値が急激に下がった状態のことを「低血糖」といいますが、この低血糖状態が続くことで実は不眠の症状を悪化させてしまうことが分かっています。というのも、血糖値が急激に下がった状態は、めまいや頭痛など身体的に表れる症状に加え、精神的な面のコントロールも不安定にさせてしまうのです。つまり心地よい眠りとは全く真逆の状態に陥るというわけです。

夕食には特に気をつけること

最近は糖分摂取を控えることばかりが注目されていますが、あまり下げすぎないよう夕食には気をつけるようにしましょう。全く糖分を摂取しないのではなく、程よい量を摂取すること。血糖値は高すぎても低すぎてもいけません。程よい状態を目指していきましょう。もしよく眠れないという悩みを抱えているのであれば、そんな意外な理由が隠されていることもあります。是非ご自身の食生活を一度、振り返ってみてください。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.