1. HOME
  2. 睡眠関連コラム貧血も不眠の原因になる?睡眠と貧血の関係を知って不眠対策

貧血も不眠の原因になる?睡眠と貧血の関係を知って不眠対策

貧血も不眠の原因になる?睡眠と貧血の関係を知って不眠対策

フラッとめまいが起こった経験はありませんか?ちょっとした立ちくらみやめまいの可能性もありますが、貧血の症状のひとつかもしれません。特に女性に多い貧血ですが、誰にでも起こる可能性はあります。そしてこの貧血は不眠とも大きく関係してる場合があるのです。

貧血が不眠の原因になるその理由とは?

なんとなく寝付きが悪い、夜になると眠れないなどなど、眠りに関する悩みを抱えている方は実は少なくありません。小さなものから大きなものまで、だれでも一つや二つ、眠りに関する悩みを抱えているものです。しかしこれがどんどん深刻になることで本当に眠れないといった本格的な不眠に陥ることもあるため注意が必要です。まずは眠れない原因を探っていくことから始めましょう。

貧血が不眠と関わっている?

不眠の原因は本当に様々ですが、なかでも「貧血」が関わっていることをご存じない方、意外と多いのではないでしょうか。貧血と不眠など一見なんの関係もなさそうなこのふたつですが、実はキチンとした理由があるのです。それは睡眠ホルモン「メラトニン」に関するもの。夜に眠る際、メラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンが分泌されることで心地よい眠りへと誘われます。しかし、鉄分が不足することでこのメラトニンがうまく分泌されないことが分かっているのです。

まずは鉄分不足を解消させること

つまり貧血であることと不眠であることは、同じ鉄分が不足している状態であるということが指摘されます。このまま不眠の状態が続けば睡眠不足が長引くだけでなく、貧血の症状が悪化する可能性もあります。というのも鉄分は主に夜の眠っている間に吸収されるため、睡眠時間が不足するとその鉄分をきちんと吸収することができなくなるからです。眠れないばかりか鉄分の不足状態も続いてしまうなど、どちらにも悪影響を及ぼしてしまうのです。鉄分不足をまずは解消させることで、この悪循環を断ち切る必要があります。

鉄分を補うためには食べ物が重要です

不足した鉄分を補うためにはしっかり栄養を摂ること、鉄分を多く含んだ食品をメインに食べることをおすすめします。レバーなどは鉄分を摂るのに有効な食品としてよく紹介されていますが、苦手に感じている方も多いなど、なかなか食べられない方も少なくありません。こういった場合は調理法を工夫してみたり、他の食品から補うなどしてみるといいでしょう。プルーンなどにも鉄分は多く含まれますので、おやつ代わりにするのもおすすめです。

サプリメントでバランスを整える

食べ物で補うことが前提ではありますが、不足分を補うという意味ではサプリメントも非常におすすめです。鉄分やビタミン類を一緒に摂ることで鉄分の吸収率をアップさせることができますので、是非合わせて摂取するといいでしょう。足りない分を補うという意味ではサプリメントの活用はとてもおすすめです。

また、睡眠用サプリメントを合わせて飲むのもいいでしょう。こちらは快適な眠りを手に入れるための力となってくれますので、眠りやすい状態へ導いてくれるなどまた違った方面からのアプローチになります。しっかり鉄分を取りながら、快適な睡眠づくりも考えていくといいでしょう。

意外な所に不眠の原因が隠れている

貧血と睡眠が関係している、ということはそれほど知られていません。自分の不眠の原因がなかなか解消されない、という場合はこのように色んな角度から考えてみると解決法をみつけられるかもしれません。逆に、隠れていた原因を解消することでより健康になれる可能性もあります。不眠は体にとって何もいいことをもたらしません。だからこそ、早めに正しい解消法を行ってスッキリした体を手に入れていきましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.