1. HOME
  2. 睡眠関連コラム睡眠中のよだれに要注意!唾液と睡眠の関係やよだれがでる原因

睡眠中のよだれに要注意!唾液と睡眠の関係やよだれがでる原因

睡眠中のよだれに要注意!唾液と睡眠の関係やよだれがでる原因

眠っている時にツーッとたれているよだれ。ついつい口から垂らしかけて、あわてて拭った経験のあるという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。比較的よくあることですが、じつは睡眠中のよだれには注意が必要かもしれないのです。

口から垂れるよだれに注意!睡眠中の危険なサイン

つい居眠りをして口からよだれが垂れてしまいそうになった、という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。漫画の描写などでもあるように、わりと一般的によくあること、のように思われがちです。しかしこのよだれが垂れるというのは、睡眠においてよくないサインの一つでもあります。

よだれが垂れるということはつまり、口が開いている状態ということです。口が開いているということは口呼吸しているわけであり、口呼吸によってもたらされるものは何もいいものがありません。

しっかりとお口を閉じて眠りましょう

口を開いたままでいるとのどの粘膜に最近がつきやすくなるなど、ウイルスや病気にかかりやすくなってしまうということです。特に冬になると風邪をひきやすくなったりインフルエンザにもかかりやすくなります。また、眠りが浅くなってしまう原因にも繋がりますので、口呼吸はすぐにやめる必要があります。口からよだれが垂れているというのは、実は体の異常を招くサインでもあります。鼻呼吸へ切り替えるように口に貼るテープを活用してみる、マスクをつけてみるなど工夫をしてみるのがおすすめです。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.