1. HOME
  2. 睡眠関連コラム歯ぎしりは睡眠障害のサインかも!ストレスなどの原因を知っておこう

歯ぎしりは睡眠障害のサインかも!ストレスなどの原因を知っておこう

歯ぎしりは睡眠障害のサインかも!ストレスなどの原因を知っておこう

ギリギリと夜中に聞こえる歯ぎしりの音。自分ではなかなか気づけないため、家族に指摘されてそこではじめて気づく方も。歯ぎしりは歯に悪い影響を与えるだけでなく、睡眠障害にも関わる可能性があると指摘されています。

歯ぎしりをしていたら異常のサインです

夜中握りギリギリ、カチカチと不穏な音。知らないうちに歯ぎしりをしている方は実は結構多いようです。歯ぎしりは当然体にとっていいことをもたらしません。歯をすり減らす原因にもなりますし、歯周病や歯の詰め物を壊れやすくしてしまうなどあらゆる悪影響を及ぼします。また、満足な睡眠をとれなくなってしまうなど、睡眠障害になるともいわれており、非常に注意が必要です。

ストレスなどを解消させるのが鍵

この歯ぎしりをやめるためには根本的な原因を取り除く必要があります。たとえばストレスで起こることが多いと言われているため、そのストレスを解消させるようにするのも一つの手です。今現在起こっている歯ぎしりに対してはマウスピースをつけるなどして、歯の損傷を防ぐことも大切。できるだけ眠ることをリラックスできるよう、環境を整えていくことをまず優先しましょう。

睡眠障害は意外なことが関係して起こることがあります。この歯に関する悩みも睡眠と直結することがあるため、もし今なんとなく顎の痛みを抱えている、歯が欠けやすいなどの症状を感じたら注意してください。睡眠の妨げとなる大きな原因になっているかもしれません。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.