1. HOME
  2. 睡眠関連コラム漢方薬で不眠に効くものはある?使われる漢方の効果と注意点

漢方薬で不眠に効くものはある?使われる漢方の効果と注意点

漢方薬で不眠に効くものはある?使われる漢方の効果と注意点

不眠を改善させるためには様々な方法があります。病院で処方される、いわゆる西洋医学に基づいた薬で治療を行うこともありますがいわゆる東洋医学、漢方を用いた不眠症改善方法もあります。この漢方を使ってどのような改善方法があるのか?少しお話していきましょう。

不眠に効く漢方とは一体どんなものがあるのか?

漢方というものを一度は耳にしたことがある方は多いでしょう。この漢方を用いてあらゆる症状を改善させるということは珍しくなく、また西洋医学の薬に比べると副作用などの症状も少なく、体にとっても負担がかかりにくいという説もあります。というのも根本的に西洋医学と東洋医学は考えという物が違う訳ですので、アプローチ方法もまた別の物と考えるのが一般的でしょう。

さて、その漢方についてですが、現代人の多くが大なり小なり抱えている不眠の悩みについても効果を発揮してくれることをご存知でしょうか?いわゆる西洋医学のような睡眠薬を用いた薬ではなく、身体の内側から眠りに働きかけて眠りへ誘ってくれる漢方があるのです。

不眠のタイプによって選ばれる漢方も違いがある

漢方といってもその種類はひとつではなく、不眠のタイプによってまたそれぞれ選ばれる物も違います。例えばイライラしすぎてしまったり、身体が興奮状態であるため眠れないと言った場合は「黄連解毒湯」や「抑肝散」などが用いられることが多いようです。心、つまり心臓に精神を保つ機能があるためそこに熱がこもってしまう、すると熱は毒になってしまうのです。この熱を鎮めることによって不眠の改善へと繋げていくことが出来る、というのがひとつの考え方になります。イライラしやすい方におすすめされる漢方です。

身体が疲れやすい、心に不安を抱えている場合

身体に疲れがたまりやすく、それによって眠れなくなってしまっているという場合は血の巡りを改善してくれ精神を整える効果を持つ「酸棗仁湯」がおすすめです。直接疲労回復効果にも繋がりますので、効率が良いとも言えるでしょう。精神的な不安を抱えている方は「柴胡加竜骨牡蛎湯」も有効で、心が不安になりがちな方はこれをおすすめられることも。精神の安定を図ることで眠りを改善させることにも繋がりますので、いずれも相談のうえ試してみるといいでしょう。

漢方によって体に合う合わないがあるので注意

漢方は基本的に副作用などの心配は不要、とされていますが全ての方の体にとって合う合わないというのはどうしてもあります。多くの種類の中でそれをみつけるのは至難の業ですが、医師や漢方医に相談しながら自分に合ったものを探していくことも大切です。また漢方によっては比較的体力がある方向けのものもあり、もし虚弱体質であったり調子が悪い場合はそれがぎゃくこうかになってしまうこともあります。漢方と言えど万能の薬ではないのだ、ということをまずは知っておきましょう。

眠りを改善させる一つの方法として

しかし漢方は上手に付き合うことで、身体のあらゆる機能を整えていくこともできます。不眠と言う様々な要因が絡み合うことで起こる症状を改善するためにも有効な方法の一つであることは確かです。眠れない原因は何なのか、まずはそこから探っていき、自分に合った薬を探すことから始めてみましょう。漢方を飲み続けることによって快適な眠りを手に入れられるようになった方は大勢います。是非チャレンジしてみる価値はあるといえるでしょう。

眠れない眠れない、と嘆くよりもまずは出来ることから試してみること。眠れないことがストレスになると悪循環、負のスパイラルに陥ってしまいます。ぜひ漢方も一つの方法であることを知って、試してみてはいかがでしょうか。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.