1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠症の種類は全部で4パターン!あなたはどれに当てはまる?

不眠症の種類は全部で4パターン!あなたはどれに当てはまる?

不眠症の種類は全部で4パターン!あなたはどれに当てはまる?

不眠症には種類がある!

「なかなか眠れない」「熟睡できない」などの症状で寝不足に陥ってしまっていることを、ひと言で不眠症と片付けてしまっている方が多々見受けられます。しかし不眠症は不眠症でも、それぞれの症状によっていくつかの種類に分けられるということをご存じでしょうか。不眠症を改善するためには、まず自分がどのタイプの不眠症であるのかを知っておかなければ、適切な対策をとることもできません。自分の症状をしっかりと検証して、不眠症のタイプを把握しておきましょう。

代表的な4つの不眠症パターンについて

それでは不眠症の種類について、代表的な4つのパターンをそれぞれ紹介していきます。自分の症状はどれに当てはまるかチェックしながらご覧になってみてください。

入眠障害

入眠障害は布団に入ってからなかなか寝つくことができないという症状です。不眠症の症状の中でももっとも多いと言われており、多くの方が入眠障害に悩まされています。個人差もありますが、寝ようとしてから30分~1時間以上眠ることができない日が続くという場合、入眠障害である可能性があります。

入眠障害についての詳細を見る

熟睡障害

熟睡障害は睡眠時間自体は問題ないくらいとっているけれど、ちゃんと眠った気がしない、疲れがとれていないなどの症状が表れます。原因としては深い眠りにあるノンレム睡眠の状態が長く続かない、時間が少なくなっているなどが考えられます。また、熟睡障害にある場合、浅い眠りの時間が長いため、夢を見やすくなるというのも特徴のひとつです。

熟睡障害についての詳細を見る

中途覚醒

眠りにはつけるけれど、途中夜中に何度も目が覚めてしまうという症状が中途覚醒です。主な原因として精神的なストレスや悩みごとなどが影響することがよくあります。一晩のうちに2回以上目が覚めてしまう日が、週に3~4回あるようでしたら中途覚醒の症状になっている可能性が高いといえるでしょう。加齢によってもこの症状が表れることがありますが、日中の活動などに支障が出ていなければ特に問題ない場合がほとんどです。

中途覚醒についての詳細を見る

早朝覚醒

早朝覚醒はまだ眠っていたいのに、早く目が覚めてしまいもう眠れなくなるという症状です。目安として自分が起きようと思っている時間よりも、2時間以上早く目が覚めるということが続くようですと、早期覚醒の可能性があります。深い睡眠のノンレム睡眠が終わり、浅い睡眠のレム睡眠に移ったときにすぐ目が覚めてしまうため、早期覚醒の症状が表れます。

早朝覚醒についての詳細を見る

自分では不眠症だと自覚できていないケースもある

先に紹介した4つの不眠症パターンについては、比較的自覚しやすいものがほとんどです。熟睡障害や早朝障害などは、人によってはなんとなく眠れていない気がする、最近朝早く目が覚めるようになってしまった、程度の考えで不眠症だとは考えなかったという方も多いのですが、いずれの場合も日中に強い睡魔が襲ってきたり、体がだるくぼーっとしてしまったりすることが多いですので、いずれ多くの方が気がつきます。

気をつけたいのは不眠症の予備軍とも呼べるような、まだ自覚できていないケースです。日常における症状としては、疲れがたまりやすく前日の疲れが抜けない、イライラすることが多い、集中力が続かない、人と関わるのが面倒、自分に自信がもてないなどの症状が表れます。

これらの症状は不眠と大きく関わりがあり、不眠によって上記の症状になってしまうこともあれば、上記の症状がもととなって不眠になってしまう場合もあります。もし上記の症状に当てはまるものがいくつかある方は、最近の睡眠状態をあらためて振り返ってみましょう。そういえばあまり熟睡できていない気がする、という方は要注意です。ストレス軽減や生活習慣の改善などを検討するようにしてください。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.