1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠症の原因は5つ!まずは正しい原因を知ることから始めよう

不眠症の原因は5つ!まずは正しい原因を知ることから始めよう

不眠症の原因は5つ!まずは正しい原因を知ることから始めよう

不眠症の原因を知って快眠に近づけよう

日本人は世界の中でもトップクラスの睡眠に問題を抱えている人種だと言われています。みなさんもご存じのとおり、わたしたち日本人は休日も返上して働いたり、毎日夜遅くまで残業したりすることが珍しくありません。そういったストレスが引き金となって、不眠症になってしまう方もいらっしゃいます。しかし不眠症の原因はもちろんストレスだけではなく、さまざまな原因が考えられます。心地よい快眠を得るためには、まず不眠症の原因をしっかり把握しておくことが解決への近道となるのではないでしょうか。

不眠症の5大原因を知っておこう

不眠症の原因としてよく挙げられるものは5つあります。なんらかの睡眠に関する問題を抱えている方のほとんどが、この5つのうちどれかに当てはまると言われているのです。以下にその5大原因をひとつずつ紹介していきますので、自分の不眠症の原因はどれなのかを考えながら読み進めて頂くとよいでしょう。

精神的なストレスなどによる原因

現代人は非常にたくさんのストレスを感じながら生活していると言われています。会社や人間関係、家庭など、さまざまな場面でストレスを受ける可能性があるのです。ストレスをまったく受けることなく生活しているという方は、おそらくこの世にはいないと思われますが、過度のストレスは不眠症の大きな原因になり得ます。外部から受けるストレスだけでなく、自身がなんらかの悩みを抱いていたり、不安などからイライラしたりすることによっても不眠症につながる場合がありますので気をつけましょう。

身体的な原因

こちらは腰痛や肩、首などのこり、関節痛など、さまざまな体の痛み等が原因となって不眠症を患ってしまうというケースです。せっかく深い眠りについていても体のどこかに痛みを感じることで、眠りが浅い状態になってしまい、目が覚めやすくなったり眠っていても熟睡できていないため、疲れがとれていなかったりします。痛みだけでなく、湿疹やじんましん等による体のかゆみ、頻尿、花粉症なども不眠症の原因になり得る症状です。

不規則な生活による原因

生活のリズムが不規則だと、体内時計のリズムが狂ってしまうこともあり、不眠症を引き起こす場合があります。体内時計は毎日朝日を浴びることでリセットされるといわれていますが、昼夜逆転の生活をしていたり毎朝遅くまで寝ていたりすると、リセットがおこなわれず体内時計が狂ってしまうのです。その結果寝つきが悪くなるなどの症状が表れます。また、交代勤務や夜勤などが原因になってしまうケースもあります。

お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎによる原因

お酒やタバコは筋肉を弛緩させ、いびきをかきやすくなるという特徴があります。いびきをかいている時というのは、眠りが浅い状態ですのでしっかりと休息できていません。その結果、眠っているのに疲れがとれない、たくさん寝たのに寝足りないなどの症状が表れます。

寝る直前までテレビやパソコン等を使用していることによる原因

しっかり快眠を得るためには、体が休息モードになっている必要があります。しかし寝る直前までテレビを観ていたり、パソコンやスマホを使用していたりすると、スムーズに休息モードへ移行できなくなってしまうのです。これは明るい画面などを見ていることによって、体がまだ眠る時間ではないと勘違いしてしまうために起きる現象です。もちろん寝る寸前までゲームをしているなどの行為もよくありません。このような毎日を送っていると、だんだんそれが習慣化してしまい、本格的な不眠症になってしまうこともありますのでじゅうぶん気をつけてください。

以上が不眠症の5大原因と言われるものです。自身が気をつけることで改善できるものも多いですので、まずは生活習慣を見直してみることから始めましょう。症状によってはお医者さんへの相談を検討することも必要です。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.