1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠症といえば睡眠薬?病院の不眠症治療は薬だけではない

不眠症といえば睡眠薬?病院の不眠症治療は薬だけではない

不眠症といえば睡眠薬?病院の不眠症治療は薬だけではない

病院でおこなわれる不眠症の治療とは?

夜いつまでも眠ることができない、眠ってもすぐに何度も目が覚めてしまう、眠っても疲れが取れていないなどの症状で知られる不眠症は、なかなか放っておいても改善することのない、やっかいな病気です。ひどくなってくると日常生活にも支障をきたすようになってしまいますので、しっかりと治療を受けようと考えて病院を訪れる方も多いでしょう。

不眠症に対する病院の治療というと、睡眠薬の処方をすぐに思い浮かべてしまいがちですが、病院がおこなうのはそれだけではありません。そもそも、睡眠薬というのは言い方は悪いですが、強制的に無理やり薬の力で眠らせてしまうものです。つまり不眠症の根本的な改善はまったくおこなわれていない状態であって、あくまでも一時的なその場しのぎにすぎないのです。不眠症のことに詳しい医師のいる病院や、専門に診察している病院の場合は、きちんと根本を改善するための治療もおこなわれていますので安心してください。

不眠症での診察においておこなわれる内容と流れ

近年はどの病院でもそうですが、不眠症の治療を希望して病院を訪れると、まずはおおまかな症状をチェックするためのアンケートのようなものを渡されます。それをもとにある程度の予見がおこなわれますので、よく考えて正確な回答をするようにしましょう。

その後、診察室に入ると医師からのカウンセリングを受けることになります。不眠症に悩まされている方の中には、常にストレスでイライラしたり、眠れないことから自分に対する不安をいつも抱いていたりして、うまく話せない方もたくさんおられます。もし、なかなか思うことが言えなかったとしても焦る必要はありません。医師はたくさんの同じような患者さんを診ていますので、きちんとゆっくり話を聞いてくれます。

カウンセリングによって、不眠症であることが判断されるなどすると、次治療法の提案や薬に対する説明などがおこなわれます。薬はもちろんその人の症状によって処方されるものが異なってきますが、たとえば精神的なストレスによって眠れないなどの症状の場合は、睡眠導入剤と併せて安定剤が処方されたりするのです。

もっとも上記はあくまでも一例で、病院や医師によって診察方法も流れもそれぞれですが、おおむねこのような内容の診察がおこなわれると考えておかれるとよいでしょう。

病院での不眠症治療の種類について

病院でおこなわれる、あるいはアドバイスされる不眠症の治療の代表的なものといえば、睡眠環境の見直し、および生活環境の見直しです。意外と多いのが寝室の環境が寝るのに適していないというケースで、室内温度から明るさ、防音対策などの提案がなされます。また規則正しい生活、バランスのとれた食生活なども不眠症の改善には効果があり、治療法としてはメジャーな内容のひとつです。この他にも、飲酒や喫煙、パソコンやスマホの使用時間など、さまざまな生活環境を見直すことで睡眠状況の改善に努めていきます。

もうひとつはCBT-Iと呼ばれる精神療法です。認知行動療法ともいわれる治療法で、うつ病や不安障害などの治療法として有名なのですが、不眠症にも高い効果が期待できるためよく用いられます。こう説明すると非常に難しいように感じてしまいますが、要は医師のカウンセリングによって不眠症が起こっている原因を究明し、元を断つことで不眠の症状を改善するというものです。

病院や医師の方針によっても違いますが、たとえば1回60分のカンセリングを10回ほどおこなうなどの治療が実施されます。ポイントはじっくりと時間をかけながら取り組んでいくという点で、症状に悩まされている方があせることなく、話を聞いてもらうことで安心しながら治療を受けられるのがよいところです。この治療法は非常に優秀で、本格的に取り組んだ場合8割の方が改善効果がみられると言われています。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.