1. HOME
  2. 睡眠関連コラムお酒を飲むと良く眠れるは間違い?アルコールは良質な睡眠を妨げる

お酒を飲むと良く眠れるは間違い?アルコールは良質な睡眠を妨げる

お酒を飲むと良く眠れるは間違い?アルコールは良質な睡眠を妨げる

勘違いしていませんか?睡眠とアルコールの関係

「寝つきが悪いから寝る前にお酒を一杯」という習慣をお持ちの方、実は大きな勘違いをしていらっしゃいます。寝る前のアルコールは睡眠を妨げてしまうのです。「寝酒」という言葉があるくらいですので、お酒を飲むと寝つきがよくなってグッスリ眠れると思い込んでおられる方も多いのですが、それは眠りを浅くしてしまっているということを覚えておきましょう。

なぜお酒でよく眠れると勘違いされているかというと、この「眠りを浅くしてしまっている」という点がポイントです。つまり、寝つきが悪くなってしまう訳ではないのです。実際、アルコールを摂取すると、眠りにつくまでという観点で見れば、すんなり眠れるという方がほとんどではないでしょうか。それが勘違いの原因です。寝つきがいいためにグッスリ眠れていると思ってしまいがちですが、その実は浅い眠りですのでちゃんと眠っているようでも睡眠の質は悪く、疲れが残ってしまうなどの現象がよく起こります。

なぜお酒を飲むとよく眠れると思ってしまうの?

お酒を飲んだ時によく眠れると勘違いしてしまう原因は、先述したように寝つきがよくなるからです。ではどうして寝つきがよくなるのかというと、アルコールを摂取すると脳の興奮を鎮める効果があるため、一時的に体が落ち着いた状態になり、すんなりと眠りにつくことができるのです。ただし、これは適量のアルコールを摂取した場合であって、大量のお酒を飲んだ場合などは逆に寝つきが悪くなることもあります。したがって人それぞれのアルコールへの耐性の強さによっても、寝つきがよくなるかどうかは異なってくると考えられます。

アルコールの影響で睡眠が浅くなってしまう理由

次はどうしてアルコールを摂取すると睡眠が浅くなってしまうかについて触れていきましょう。お酒を飲むと、体内にアルコールが入った状態になる訳ですが、時間が経つにつれて体はアルコールを分解させるよう働き始めます。このとき、アルコールを分解する過程でアセトアルデヒドという物質が発生します。アセトアルデヒドとは血液中に吸収されたアルコールが、肝臓の働きによって分解された中間代謝物質です。

このアセトアルデヒドの発生による影響で、睡眠は浅い状態のレム睡眠になってしまうといわれています。レム睡眠は体だけ眠って脳は起きているという状態ですので、じゅうぶんな休息ができず疲れが残ってしまうことがあるのです。また、レム睡眠であるために夜中に何度も目が覚めてしまう、中途覚醒の症状が出てしまうこともよくあります。思い当たる節のある方も多いのではないでしょうか。

アルコール摂取によるもうひとつの危険性

寝る前のお酒が体に害を与えてしまうケースとして、もうひとつ睡眠時無呼吸症候群を引き起こしてしまう可能性を懸念しなければなりません。お酒を飲んでアルコールが体内に吸収されると、筋肉が弛緩してのどの筋肉などがゆるんでしまう場合があります。するとゆるんだ筋肉が気道を狭くしてしまい、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因になるのです。

この場合もともといびきなどの症状がない方であれば、アルコールを摂取した時だけの一時的なものである可能性が高いですので、それほど神経質になる必要はないかもしれません。問題はもとからいびきをよくかいたり睡眠時無呼吸症候群の症状が出たりしている方です。ただでさえ無呼吸症状が出ているところを、気道が狭くなることでより症状が重くなってしまう可能性があります。自覚のある方は寝る直前のお酒は控えたほうがよいでしょう。

ただ、絶対にお酒を飲んではいけないという訳ではありません。要は睡眠の直前にあまり飲まないようにすることと、過度に飲み過ぎないようにすることが大切なのです。特に不眠症の症状を自覚している方は、お酒の飲み方に気をつけるようにしましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.