1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠症の人は太りやすい?痩せない理由はもしかしたら不眠かも?

不眠症の人は太りやすい?痩せない理由はもしかしたら不眠かも?

不眠症の人は太りやすい?痩せない理由はもしかしたら不眠かも?

あなたの肥満の原因、実は不眠症にあるのかも?

不眠症が原因で他の病気を引き起こしてしまうことがある、という話は多くの方がご存じだと思われますが、それ以外にも実は肥満の原因になっているケースもあるということをご存じでしょうか。普段から特別食べ過ぎたり飲み過ぎたりしているわけでもなく、思い当たる点がないにも関わらず肥満気味だという方、さらにダイエットに取り組んでも痩せることができないという方で不眠症の自覚がある方は疑ってみたほうがよいかもしれません。

また反対に、肥満が解消されないことから実は不眠症であったということが判明する場合も。不眠症は症状が軽い場合などは自分自身でも気づかないことがよくある病気です。いずれにしても一度肥満の原因を徹底的に究明されることをおすすめします。

不眠症の人が肥満になる確率は50%も高い!

不眠症によって毎日の睡眠時間が5時間未満の方と、健康的に毎日7~8時間の良質な睡眠をとっている方を比較した場合、不眠症の方は健康な方に比べて約50%も肥満である確率が高いと言われています。自分で自覚していない場合でも、いわゆる隠れ不眠症である可能性もありますので、睡眠時間をいつも5時間未満しかとれていないという方は要注意です。

さらにダイエットをしても肥満が解消されないというのであれば、より不眠症の影響による肥満である可能性が高まります。ただし、たくさん寝ていればよいというものでもあります。前述した7~8時間の良質な睡眠というのがもっとも適している睡眠量で、寝過ぎてしまうと逆に肥満の原因になることもありますので気をつけましょう。

どうして不眠症になると太ってしまうの?

睡眠が不足するとどうして太ってしまうのか、疑問に思われる方も多いかもしれません。むしろ起きている時間が長いので痩せてしまうのでは、とお考えの方もおられるでしょう。しかし睡眠と肥満の関係はそう単純ではありません。睡眠不足がひどくなってくると、ホルモンのバランスを崩してしまうことによって太りやすくなってしまうのです。また、不眠症になると体の活動量が低下してしまい、代謝が落ちてしまうことも肥満の原因のひとつとなっています。

睡眠不足によってどのようにホルモンのバランスが崩れるかというと、まず体内に吸収される脂肪の量をコントロールしてくれる、レプチンと呼ばれるホルモンの分泌が低下してしまいます。本来は痩せるためのホルモンとも言われており、満腹中枢に働きかけて食欲を抑制してくれるのですが、バランスが崩れることで食べ過ぎたり脂肪分の多いものを食べたくなったりします。

睡眠不足によるもうひとつの影響が、グレリンというホルモンを増加させてしまうことです。グレリンはレプチンとは反対に、食欲を旺盛にしてくれるホルモンなのです。したがって分泌量が増えれば増えるほど、たくさん食べ物を食べたくなってしまいます。健康な食生活を送るためには大切なホルモンなのですが、睡眠不足によってバランスが崩れると肥満の手助けをしてしまうのです。

肥満を防止する、ダイエットを成功させるためのポイント

前述した内容から分かるように、睡眠不足による肥満を解消するためには、最適だと言われる7~8時間の良質な睡眠をとることが根本の解決方法となります。しかしその良質な睡眠を最適な時間とることができないからこそ、不眠症に悩まされている訳です。そこで方向性を変えて、まずはストレスの軽減を試みてみましょう。実はストレスも先ほどのグレリンを増加させる原因であることが判っており、ストレスの軽減が肥満解消や不眠症の改善に効果を期待できるのです。

普段の生活習慣や食生活の見直しで、ストレスを軽減させることも可能ですし、ストレス軽減、つまりリラックス効果のあるサプリメントを併用するのも有効です。しっかり対策をとって肥満と不眠症の両方を一気に改善しましょう。

太ることによって起こるデメリット

体は痩せすぎてもおかしくなりますが、太りすぎてももちろんいいことはありません。何度もお話しているように不眠と肥満は決して無関係ではなく、むしろその原因としてリンクできることも十分考えられるものなのです。一般的なダイエットというと、美容としての目的という方が多いかもしれません。しかしただ美しくありたいがためにダイエットするのではなく、健康を守るためにダイエットが必要な場合も多いのです。まずはそれを改善するためにご自身の眠りや体に関することをチェックしていくといいでしょう。

自分がどのような睡眠をとれているのか

まずは自分が何時に寝て何時に起きているのか、それをチェックしてみましょう。時間がバラバラであったり、極端に睡眠時間が少なかったり、改めて見てみることで今まで気づかなかったことに気づける可能性が高いです。意外と今まではなにも思っていなかった、ということも紙に書いてみたり確認することで分かることは多いのです。

日々食べているものをチェックしてみる

そしてダイエットという観点においては、まず自分の今の体型のチェックを行う必要があります。体重や体脂肪、そして普段食べている食事。これらがどんなものなのかを一度振り返ってみてはいかがでしょうか。これも先ほどの睡眠時間と同じように、何となく見ないフリをしてきた事実を知ることができるかもしれません。少し前にレコーディングダイエットというものが流行しましたが、それとやっていることは似ています。まずは状況を把握することが大切です。

自分に合った不眠&ダイエット対策を探す

ただ流行っているからという理由で不眠やダイエットの対策を行うと、あまり思うような効果が得られないことが殆どです。ですから、自分の今の状況を見て、どういったダイエット法が合っているかをまずはチェックしてみましょう。このようにきちんと計画を立てていくと、失敗する率がぐんと下がります。

太ることによるデメリットは見た目に与える影響が悪くなるだけでなく、体の様々な不調を起こすことに直結しやすいという点です。不眠が肥満の原因をつくっているという可能性もあるように、努力だけではどうにもならないということもあるかもしれません。しかし、睡眠サプリを活用してみるなど、必要な対策を行うことで必ず改善には近づけることが出来ます。是非自分に合ったダイエット、不眠対策について考えてみましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.