1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠症だと医療保険に加入できない?審査基準と加入について

不眠症だと医療保険に加入できない?審査基準と加入について

不眠症だと医療保険に加入できない?審査基準と加入について

不眠症になった時に病気の恐ろしさというものを十分に味わい、そこから医療保険への加入を検討するというパターンもあると思いますが、それでは既に遅いかもしれません。そのあたりを詳しく知るために、医療保険の審査基準、そして不眠症でも加入することは出来るのかについて解説します。

医療保険の審査について

医療保険の審査には3つの項目があり、「健康状態」「職業」「個人の社会的モラル」がチェックされます。これらの審査の基準については保険会社によって異なってくる部分はあるので、どうすれば合格できるということはありません。そして、今回のテーマである不眠症に関係があるのは健康状態の審査の部分です。この審査において、不眠症というものがどう扱われるかで審査に通過するかが決まってくるでしょう。

不眠症の扱いについて

さて、不眠症がどう扱われるかについてですが、これも保険会社によって違ってくることはあるので、あくまでも一例として読んでみてください。不眠症は精神疾患として扱われることがあり、不眠症の他には鬱症状や統合失調症などが代表的です。これらのあからさまに重たそうな症状と、不眠症が同じというのは納得がいかない部分もあるかもしれませんが、これはれっきとした事実であり、不眠症はそれだけ思い病気ということなのです。

実際不眠症に悩まされる日本人は患者予備軍も合わせれば2000万人いると言われています。ちなみに不眠症と言っても、投薬が必要であったり軽いものであったり様々ですので、症状の重さによっても扱いは変わってくることでしょう。

不眠症完治から5年が目安

先に不眠症の人が医療保険に加入できるかの答えを言ってしまうと、これはかなり難しいでしょう。何故なら精神疾患というのは近代5大疾病と呼ばれているくらい重い病気であり、保険会社としては初めから病気の人は加入させたくないのです。
ですので、加入できるとしたら不眠症が完治した後なのですが、ここにも罠が仕掛けられています。不眠症が完治したからと言って、すぐに医療保険に加入できるわけでは無いのです。

実際にいろんな保険会社のパンフレットやホームページなどを参照してみると、不眠症を含む精神疾患は完治から5年しないと医療保険に加入することはできないと書かれています。会社によっては2年で平気という場所もあることにはありますが、かなり珍しいケースであり、そもそも2年も結構な期間です。しかも完治してからカウントが開始されるので、不眠症の期間と合わせると、とんでもない年数になってしまうこともありえます。

不眠症でも入れる医療保険

不眠症だと医療保険への加入は難しいと言いましたが、一応は不眠症でも入れる医療保険が存在しています。それは引受基準緩和型という種類の医療保険で、これな治療中や入院中でも加入することが出来るかもしれません。ただ、引受基準緩和型のほとんどは40歳から50歳以上を対象としたもので、若い人だと加入することができません。さらに一般的な医療保険とは違い、初めから病気持ちで給付金を支払う可能性が明らかに高いので、保険料はかなり高めに設定されていて、入っても元が取れるかどうか微妙なところでしょう。何にしてもまずは事前審査などを受けてみるといいかもしれません。

このように不眠症にかかってしまうと、その期間だけでは無く、当分の間は医療保険への加入が難しくなってしまいます。しかし、今後のことも考えれば医療保険へ加入しない手はありません。ですので、一刻も早く医療保険への加入条件を満たすように、病院に相談したり、市販の睡眠サプリを服用したりと、積極的に不眠症への対策をとり治療を進めるようにしましょう。

深刻に受け止めすぎないことが大切です

これまでお話したように、不眠症というのは自分が思っているよりもずっと重い症状のひとつであることが分かった、という方も多いでしょう。今までなんとなく安易に受け止めていた方にとってはショッキングな事実であるかもしれません。しかしあくまでもこの現実は現実であり、決してネガティブな感情を持てというものではありません。

どうしても不眠症を患っている方は精神的にショックを受けやすかったり、物事を必要以上に深刻に考えてしまいがちな方も少なくありませんので、あくまでその事実はそうであると切り分けて受け止めることをおすすめします。その事実を受け入れられた、その後にするべきことは適切な治療であったりもしくは生活習慣の見直しなど改善に必要な策をとることです。

最近ですと睡眠サプリのようなものが多く販売されていますが、そちらは睡眠薬などのように直接的な効果を実感できないものの、眠りに関する不安を解消するためにはとても役立ってくれるアイテムでもあります。そのサプリメントを飲みながら、身の回りのことを工夫していくことが不眠を解決するために近道にもなるでしょう。

大切なのは今これからです

医療保険は将来の自分のためへの投資でもあります。そして、不眠症を今改善させることもこれと同じことが言えます。今不眠の悩みを抱えているからこれから先もずっと抱え続けていくんだ、そうでしょうか?決してそうではないはずです。今までの症状がどうであれ、大切なのは今これから自分が改善へと向かっていく意識ではないでしょうか。

不眠を改善させることは決して簡単なことではないかもしれません。悩んでいる期間が長ければ長いほど、治るまでの時間が長くかかってしまうこともあるでしょう。しかし今やらなければその期間はただどんどん先に延びていってしまうだけです。まず今自分が出来ることは何なのか、一度考えてみませんか?

不眠を作っている原因が本当は何なのかを、知ってみたいと思いませんか?この現状から逃げ続けていては何も状況は変わりません。もしかしたらこの先症状を悪化させてしまうかもしれない、そう思うと今からすぐにでも対処しなければならないという気持ちにはなりませんか?不眠はちょっとしたきっかけで改善させられる可能性がある症状でもあります。メンタルや肉体的なもの、どれが原因となっているのか。それを治すにはどうすればいいのかを是非探ってみてください。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.