1. HOME
  2. 睡眠関連コラムカフェインの摂取が不眠症の原因に?カフェインコントロールで症状改善

カフェインの摂取が不眠症の原因に?カフェインコントロールで症状改善

カフェインの摂取が不眠症の原因に?カフェインコントロールで症状改善

コーヒーや紅茶に多く含まれることで知られるカフェイン。漫画などではよく目覚ましに使われているので、どうしても睡眠には大敵に思えるものですが実際はどうなのでしょう。

カフェインと不眠の関係

カフェインは気分をリフレッシュするためには最適な成分なのですが、やはり睡眠に関しては妨害されてしまいます。カフェインを摂取してしまうと、30分後くらいには脳が完全に覚醒状態になってしまい、その効果というのが最大で10時間程度も続いてしまうのです。そのため、夜コーヒーを飲んでしまうと、寝る時には確実にカフェインが抜けきることはありません。さらに、カフェインには中毒性もあるので要注意です。

カフェインを減らしていく

このことから、カフェインを飲むのは午前中と午後の早い時間にしておくことがオススメです。そして、あまり飲みすぎても睡眠には良くないので、睡眠を深くしたいのであれば量自体も減らすように心がけましょう。ただ、常にカフェインを摂取していて、それをいきなり止めてしまうと脳の血管がいきなり広がり、頭痛や吐き気が発生してしまうことがあるので、減らす時には段階的に減らすようにすることです。そうしないと、頭痛によって睡眠が妨害されてしまったりと、悪影響のほうが強くなってしまうこともありえます。

ちなみに、昼寝の時に関してだけはカフェインをとることがオススメです。何故ならカフェインが効いてくるのは飲用後30分ほどなので、短い昼寝から気持ちよく目覚めることができます。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.