1. HOME
  2. 睡眠関連コラム睡眠サプリにはどんな成分が入っているの?不眠に効く秘密はコレ

睡眠サプリにはどんな成分が入っているの?不眠に効く秘密はコレ

カプセルのサプリメントの画像

睡眠サプリというと不眠症改善や安眠ということを思い浮かべると思いますが、実際にどんな成分が入っていて、それがどう働きかけてくれるかは思いつかないはずです。そこで、より睡眠サプリを知るためにも中身である成分について知っておきましょう。それによって、より睡眠サプリの効果を実感できるかもしれません。

グリシン

おそらく睡眠サプリに含まれる成分の中で一番取り上げられることの多いもので、これはアミノ酸の一種となっています。これは基本的に体内で作りあげられるもので、人によって1日に作られる量に違いがあります。グリシンを取り入れることで、睡眠をより深いものにしたり、睡眠中に目が覚めてしまうというようなことがなくなったりと、睡眠の質の部分が向上するのです。

さらに、グリシンには集中力を高めて意欲を沸かせてくれるという効果もあり、受験生や大事な納期前なんかにも効果が発揮されます。実験ではストレスの軽減も見られたということで、そういった部分でも安眠に効果的と言えるでしょう。グリシンの摂取で眠る前の時間も短くなり、スッと眠りに入り快適な朝を迎えることができます。1日に必要な量は最低3000mgとされているのですが、なかなか日ごろの生活で取り入れることが難しい成分なので、積極的に睡眠サプリとして取り入れることが好ましいでしょう。

トリプトファン

トリプトファンというのも、グリシンと同じアミノ酸の種類のひとつで、セロトニンやメラトニンの原材料でもあります。トリプトファンは体内で作りだすことが不可能な成分なので、必ず食事やサプリメントなどで外部から吸収する必要が出てくるのです。1日に必要な量は成人で100mg程度ですが、不眠症の改善という意味であれば500mgは欲しい所でしょう。そこで睡眠サプリで摂取するわけです。

グリシンが眠りへの導入を促すのに対して、トリプトファンは睡眠からの目覚めをよくするという効果をもっています。もちろん眠りの部分にも効果はあるとされており、実際幼児600名で調査をしたところ、トリプトファンを摂取したほうが寝つきが良くなったそうです。睡眠の質をいくら改善しても、しっかりと起きられなくては完全に睡眠を改善したということにはなりませんので、トリプトファンをしっかりと摂取して気持ちのいい朝を迎えましょう。

GABA

別にコショウでは無く、睡眠サプリに含まれている栄養成分のひとつです。GABAとは人間の体に多く存在するアミノ酸のひとつであり、γアミノ酸のことをGABAと呼んでいます。GABAには睡眠の大敵となるストレスを緩和してくれるという効果があり、睡眠を根本から改善してくれると思って間違いありません。

本来GABAはグルタミン酸と呼ばれる成分と同じだけ体内に存在していなくてはならず、これらが均等になっていることで精神を安定させているのですが、GABAはとてもストレスに弱いもので、ストレスを感じれば感じるほどにGABAは体内から無くなってしまいます。そうなると、グルタミン酸ばかりが働くようになってしまい、イライラしてしまうわけです。それは布団に入ってからも同じことで、いつまでも今日あった嫌なことを忘れられずに眠れなくなってしまいます。そのため、GABAを摂取することが、ストレス社会での安眠を手に入れることに繋がるのです。

睡眠サプリに入っている成分は主にこのようなものとなりました。これらはあくまでも代表的なものであって、当然この他にもたくさんの成分が含まれています。しかし、睡眠サプリをこれから選ぶというのであれば、最低でもこれら3つの成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.