1. HOME
  2. 睡眠関連コラムドリエルは効果なし?一時的な改善しか期待できない睡眠改善薬

ドリエルは効果なし?一時的な改善しか期待できない睡眠改善薬

胸の前で大きくバツをする女性の画像

ドリエルといえば、猫のキャラクターがパッケージになっていることで有名な薬で、発売元はエスエス製薬。「いい目覚めは、いい眠りから」というキャッチコピーで売っているのですが、実際に効果はあるのでしょうか。

ドリエルの効果

ドリエルに含まれている主な成分は、ジフェンヒドラミンという舌を噛んでしまいそうな名前の成分。これは昔からアレルギー症状を抑えるために使われているもので、花粉症の季節なんかは重宝されています。ですので、一度は飲んだことがあるかもしれません。

そもそもジフェンヒドラミンが開発されたのは、風邪薬があったから。風邪薬を飲むと眠くなる副作用があるのは御存知のことかと思いますが、あれは抗ヒスタミン剤の副作用なんです。そんな副作用を何かに応用できないかと考えた結果、睡眠改善薬に使われることになった、ジフェンヒドラミンが作られた経緯です。

このような理由から、ドリエルを飲むと風邪薬を飲んだ時のように頭がマヒしてきて、次第に眠りについていきます。副作用を有効活用するという発想。これは日本人のもったいない精神の現れと言ってもいいかもしれません。

ドリエルの副作用

ドリエルの主成分であるジフェンヒドラミンは存在自体が副作用。ということはそれ以上の副作用はないのかというと微妙なところで、のどの渇きや口内の乾燥が発生するようです。これは薬の効果により、口やのどの粘液の分泌が弱まるためで、まるでエアコンがガンガン効いた部屋にいるかのような感覚におちいります。

そのため、冬場に毎日飲んでいると、すぐにのどがやられてしまったり、粘液の低下でウイルスの侵入を許してしまい風邪になったりすることも。人によっては、これにプラスして胃を痛めてしまうこともあるようなので、乾燥の季節には飲む量を減らすなどの工夫が必要と言えるでしょう。

ドリエルは価格もネック?

ドリエルの価格は6錠で1080円ほど。これが6日分ということならまだいいのですが、ドリエルは1回2錠の服用となっています。ということは、1080円の薬で3回分となり、1日に換算すると350円にもなってしまうのです。睡眠のためなら、これくらい安いと感じる人もいるかもしれませんが、これだけの金額を出すならもっといい手段で睡眠を改善することもできます。

ドリエルよりも睡眠サプリ

そんなドリエルよりも良い手段というのが睡眠サプリ。これは不眠症が多い日本人のために開発されたサプリで、野菜や果物などから抽出した、睡眠改善効果の高い成分が多分に含まれています。

何故ドリエルよりも睡眠サプリが良いのかというと、睡眠サプリは不眠症を根っこの部分で解決してくれるからです。ドリエルというのは、睡眠改善薬となっており、すぐに眠りにつけるものの服用をやめてしまえば、すぐに眠れなくなってしまいます。これはホームページにも記載されていますが、あくまでも一時的改善なわけです。

これに対しての睡眠サプリは、一時的なんて曖昧なものではありません。不眠の原因となる様々な問題を、有効な成分でじわじわと治療していきます。例えば睡眠サプリに含まれているトリプトファンやメラニンは体内時計を調整してくれたりするのです。コストの面で考えても、睡眠サプリなら1日あたり200円もかかりません。それに、睡眠だけではなく、体全体をトータルで改善してくれる効果もサプリメントならではです。

もちろん、ドリエルのような即効性はありませんので、すぐに眠りにつけるということではありません。実際に効果が出始めるまでには、服用して1ヶ月程度はかかると思うので、初めのうちは半信半疑になってしまうかもしれません。しかし、飲み続ければ必ず効果は期待できるのです。

しかし、まずは一度試してみるのもアリです

ただ薬として絶対に飲むべきものではない、というわけではありません。睡眠を改善するために考えられた薬であることは確かですし、何よりも「今すぐ睡眠を改善するために必要としている」という方にとっては、必要である場合もあります。

先ほどもお話したように、のどの渇きや乾燥であったりと人によっては不快な症状が出てしまう場合も稀にあります。そこまで神経質に気にする必要はありませんが、あらかじめ飲むにあたっての心構えや準備は必要となるでしょう。

せっかくの睡眠のための薬を役立てることが出来ず、かえって風邪をひいてしまったり体調を悪くしてしまうようでは元も子もありません。ご自身でちょっとした工夫を必要とすることもあるのだ、という前提のもと使うようにしましょう。

しかしあくまでも一時的な改善において、その効果を期待できるものである可能性は高いです。どうしてもここ数日は眠る必要がある、根本的な改善という意味で飲むのではなく、一時的な対処という意味で飲むというのをあらかじめ理解しているのであれば利用してもいいのではないでしょうか。

分かってて使用すること、分からずに使用すること、同じ薬の使い方でもこの二つは全然意味が違います。自分が飲む薬がどういったものであるかを完璧ではなくとも、ある程度知っておくことをおすすめします。

睡眠を改善するには日々の努力から

ここまでお話してきたなかで、一貫して言えることは「睡眠の質を改善させるためには日頃からの努力が必要である」ということです。一時的な改善としてドリエルを役立てることだけではなく、どうすれば普段から眠れるようになるか、また眠ることでしっかり疲労がとれるのかを考える必要があります。

基本的には生活習慣の改善が必要となりますので、人によっては大きく環境を整えなければならないという方もいるでしょう。しかし、それは生まれ変わるチャンスであるともいえます。ドリエルを飲むことで睡眠の素晴らしさに気づくキッカケを得られたという方もいるでしょう。

そういった意味を得られることもまた大きなことです。睡眠改善薬としての役割を十分に果たしていると言えます。人間のからだにとって必要不可欠である睡眠。今、多くの方がその睡眠を当たり前にとれていないともいわれています。それを当たり前にするためにはご自身の努力が欠かせませんので、是非睡眠サプリを活用しながら見直していきましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.