1. HOME
  2. 睡眠関連コラム漢方薬と睡眠サプリはどう違うの?種類や効果効能について

漢方薬と睡眠サプリはどう違うの?種類や効果効能について

2色の錠剤の画像

不眠を含めた睡眠障害を改善するためには、日常生活での改善も大切ですが、それだけでは間に合わないこともあるでしょう。そんなときに睡眠サプリや漢方に頼りたいと考えると思いますが、これらは何が違うのか分かりづらいと思います。そこでこれら2つの違い、そして効果について解説していきましょう。

漢方薬と睡眠

漢方薬は薬とはついているものの、睡眠薬のように一時的に眠りを促すものとは違います。どちらかというと、睡眠のために体質を改善しようという考え方が強いのです。中国では昔からよく用いられており、体の免疫力をどんどんと強くしていき、様々な悪影響に負けない体作りをしてくれます。

そのため、漢方薬を飲むことによる効果は睡眠だけにはとどまらず、他の部分まで回復させてくれるでしょう。例えば最近肌荒れが酷いという場合でも、漢方を飲むことで改善されることがあります。不眠だけでは無く、体全体の問題を一括して解消、これが漢方薬最大のメリットでしょう。一時的な効果でもないので、同じ症状になりにくいのも嬉しいところです。

漢方薬の種類

睡眠に効果があるとされる漢方にもいくつか種類がありますが、日本で購入できる代表的なものなら、大柴胡湯、温経湯などが有名でしょう。これらは不眠対策として精神を落ち着かせる効果があるので、服用することで比較的楽に睡眠に入ることができます。ただ、効果が様々なので、自分の不眠の原因が分からないと、どれを購入していいのか分かりません。ですので、一度お医者さんに原因を探ってもらってから購入するといいでしょう。

漢方薬の副作用

一般的に副作用が少ないと言われる漢方薬ですが、引き起こされる可能性が0というわけでは無く、あくまでも低いだけです。使う人によってはアレルギー症状が現れることがあり、逆に不眠を悪化させてしまう可能性もあります。こういった症状が現れた場合は放置せずにお医者さんに相談してみましょう。放っておけば治る場合もありますが、そうでなかった時、悪化してからでは遅いんです。

ちなみに、漢方薬は体質改善のための薬なので、体質によって合う合わないが凄く顕著に出てきます。体質に合わないことで副作用が出ることも多いので、副作用が出たからといって漢方薬自体を止める必要はありません。種類を変えていけば、きっと自分の体質にぴったりの漢方薬を見つけることができるでしょう。

サプリと比較

では、漢方薬と睡眠サプリではどちらのほうがいいのでしょうか。これらの一番の違いは、薬かそうでないかです。漢方薬は体質改善効果が高いといっても、薬であることに変わりはありません。それと比べて睡眠サプリはサプリメントなので食品の一種です。そのため、副作用が起きる可能性が非常に低い。この部分はサプリメントに軍配が上がります。

効果については、根本的な部分で違うという問題があるので比較しにくいです。漢方薬は不眠専用に作られたわけでは無いので、あくまでも体質を徐々に変化させていき、いずれ不眠を治すというスタンスになります。そのため、とんでもない時間がかかってしまい、早くても1ヶ月以上は効果を実感できません。

最終的に体全体が健康になることを考えれば良いのかもしれませんが、目の前の不眠という問題を解決するためには遠回りをしている感覚です。一方睡眠サプリはというと、睡眠改善のために作られているので、やはり効果は高いです。睡眠に必要なセロトニンなどの増加をピンポイントでやってくれるので、早めに効果が現れるでしょう。

コスト的には、どちらもピンキリなので選ぶものによって全然違い、あまり参考になりません。結局のところ、どちらが良いと答えは出せませんが、睡眠のためならやっぱり睡眠サプリのほうが良いかもしれません。

漢方を上手に身体に活かすためには

漢方薬自体を不眠だけに対して使用する、という考えは実はあまりおすすめできません。先ほどから何度も述べているように、漢方薬はからだの諸症状を改善させるためのものであり、ピンポイントに不眠のみを取り除くというよりは、不眠の原因を根本から改善させていこうという考えの方が近いからです。

つまりは身体のトータルケアという意識で飲むと思う方がより強いでしょう。だからといって効き目に差があるのかそうでないか、これは絶対にどちらかだということは言い切れません。なぜならそれぞれの方に体質や性格などの違いがあるように、効果が出やすいかもその人それぞれによって変わってくるからです。

漢方と不眠の付き合い方

まずは漢方を飲むにあたり、不眠だけでなく自身の気になる症状を挙げていくことをおすすめします。例えば便秘が気になる、疲れが残りやすい、肌荒れがひどい、などなどそれぞれの方にとって何か気になるものがあるはずです。一つの場合もあれば複数の場合もあるでしょう。とにかくそれらを箇条書きにするなどして、知る必要があります。そしてそれらのなかに不眠の原因が隠されていないか、そこから見えてくるものがあるのでその症状を改善するために役立てるといいでしょう。

ただし漢方薬は見てお分かりの通り「薬」です。ドラッグストアなどでも漢方薬は簡単に手に入れることが出来ますが、それらが自分の症状に合っているかどうかを見極めることは決して簡単なことではありません。薬剤師さん、または漢方を処方してくれる医師に相談することが正しい漢方薬との向き合い方になるでしょう。

正しい漢方薬を服用できたら、不眠の根本的な原因を取り除くだけでなく総合的な身体のケアにも繋がります。ただ眠れないということだけに注目するのではなく、もっと深い所に隠された理由を探ることで悩みを解消させることが出来ます。

漢方とサプリメント、どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあります。手っ取り早く改善させたいと思うのであればずばりサプリメントの方がおすすめともいえます。要はどちらがより良いものかというよりも、自分の症状や効果に適したもの、効果が目に見えるスピードなど、求めているものにマッチしたものをみつけるということです。それぞれの違いを知ることで正しい選択をしやすくなりますので、是非どちらがいいか!ということだけではなく、自分にとって必要なものをみつけてください。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.