1. HOME
  2. 睡眠関連コラム睡眠薬マイスリーは不眠に効くの?効果や副作用などの注意点

睡眠薬マイスリーは不眠に効くの?効果や副作用などの注意点

考え事をしている女性

2000年に発売されてから実に15年が経過した、そこそこ古参の睡眠薬マイスリー。名前は知っているという人も多いのではないでしょうか。ここでは、マイスリーの効果と特徴、そして副作用などをまとめてどんな薬なのかお話します。

マイスリーの効果とは

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬です。と言われてすぐにどんなものかわかる人も少ないと思うので、少し補足しておくと、睡眠薬には非ベンゾジアゼピン系とベンゾジアゼピン系の2種類が多く採用されており、これらの違いは効果とリスクの比率となります。非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系に比べて、効果は少し薄めですが副作用のリスクが低く比較的安心して飲める睡眠薬です。

そんな非ベンゾジアゼピン系が採用されているマイスリーは、GABAと呼ばれる人間の神経を抑制する成分を活発にさせます。神経が抑制されれば自然と人間は落ち着いてくる。この特性を利用した睡眠薬なんです。

すぐに効果がやってくるのも特徴で、服用してしまえば30分後には眠りにつけるという人が多くなっています。もう眠らないといけない時間なのに、まったく眠くならないという人に向いている睡眠薬で、飲んですぐに眠れるので助かるという人も少なくないです。

マイスリーの副作用

マイスリーは非ベンゾジアゼピン系が採用されたこともあり、比較的副作用が少なめになっている睡眠薬です。とはいえ、やはり睡眠薬ですので、まったく副作用が無いわけではありません。飲み続けると、記憶に障害が発生することがあり、忘れてはいけないようなことも簡単に忘れてしまうことがあります。

さらに、頭痛がしてきたり、常に頭がぼーっとしてしまったり、やはり脳に関する副作用が多いのです。そのほかにも、飲み続けて意識障害になったり、肝機能に問題が出たりと、副作用が出にくい反面、発生する副作用は深刻なものばかりとなります。どのような状態の時に副作用が出やすいなどはなく、いつ発生するか分からないので服用する場合は多少の心構えが必要になってくるでしょう。

マイスリーは手に入れにくい

マイスリーは知名度が高いので、ドラッグストアに行けば売っていると思っている人が多いようですが、実際に行っても置いてありません。マイスリーの購入には医師の正確な処方箋が必要で、まずは病院で診察してもらう必要があるんです。

マイスリーに含まれているゾルピデムは向精神薬に指定されており、個人の判断では使用してはいけません。しかも、個人輸入すると麻薬扱いになるという恐ろしい話もあります。あくまでも睡眠薬ですので、人から貰ったりするのも避けて、必ず病院で診断書を貰ってから服用するようにしましょう。

マイスリーは不眠症を治せない

不眠症の完治といえば、何も飲まずに眠れるようになることです。しかし、マイスリーでは、これを実現することは叶いません。何故ならば、マイスリーの服用をやめてしまえば、すぐに不眠症が復活するからなのです。マイスリーを飲み続けたところで不眠症は改善しておらず、薬の力で無理やり蓋をして閉じ込めていただけです。

その薬を止めてしまえば、蓋がなくなり眠れなくなるのは当然のことでしょう。マイスリーはあくまでも一時的に睡眠を深くするための薬ですので、他の方法で原因を退治しておく必要があります。改善方法は症状の具合によって違うので、何とも言えないところですが、運動をするようにしたり、サプリメントを服用すれば少しずつに改善はしていくはずです。

マイスリーを飲むなとは言いませんが、そのうちにはマイスリー離れ出来るように努力していきましょう。言い過ぎかもしれませんが、薬が切れて眠れなくなるなんて麻薬中毒患者と大差ありません。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.