1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠症の市販薬を使って本当に平気?買う前に押さえておきたい危険性

不眠症の市販薬を使って本当に平気?買う前に押さえておきたい危険性

市販薬1シート分の画像

不眠症には睡眠薬というのが基本になりすぎていて、何も考えずに市販の薬を購入しようとしていませんか。そんな人はちょっと待ってください。市販薬にはいくつかの危険性が潜んでいるんです。

不眠症の市販薬に潜む危険

不眠症のために販売されている市販の薬、そこに大きく潜む危険性は副作用があるということなのです。市販されているのに副作用、と思うかもしれませんが実際に市販されている睡眠薬の多くは副作用が確認されています。確かに市販されているものは、病院などで処方されるものよりは幾分かマイルドに出来ているのですが、そもそも睡眠薬というのは脳に作用する薬なので、効果がかなり強めに作られているのです。

そのため、急な刺激に体が驚いてしまい、めまいや息切れなどが発症する可能性があります。これは不眠症の薬であれば全部というわけではありませんが、こういった危険性があることは事前に知っておくべきです。

不眠症の市販薬は依存性あり

市販であっても睡眠薬。ということで一番怖いのは依存性です。というのも、睡眠薬というのは飲めば飲むほど人間の体が対抗物質を作ってしまうので、徐々に効かなくなってきます。これはほとんどの薬に共通することなのですが、特に睡眠薬はこの傾向が強く、次第に効果が無いからと言って飲む量を増やしていくことがほとんどなのです。そうなると、最終的には薬が無いと眠れなくなってしまい、コスト的にしんどいだけでなく、当然体への影響も少なからず出てくるでしょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.