1. HOME
  2. 睡眠関連コラム若者にも不眠症が増えている!若年層の不眠の原因と改善方法

若者にも不眠症が増えている!若年層の不眠の原因と改善方法

眠れずにパソコンを見つめる女性

悲しいことに最近若い人にも不眠症という人が増えています。何となく若者は快眠で不眠とは無縁のように思えますが、何故そんな事態になってしまったのでしょうか。

若年層の不眠

若年層の不眠が何故増えたのかといえば、ずばりストレスによるものです。何となく遊んでいるように見えるSNSでのやり取りですが、実はかなりの若者がストレスを感じています。なら辞めれば大丈夫なのかといえば、そうではありません。

そうなれば同年代とのコミュニケーションが取れず、それはそれで強いストレスになってしまいます。こういったコミュニケーションの気軽さが、逆にストレスを生み出しているということで、そこから不眠になるケースは大変多いわけです。さらに、年中スマホの画面を眺めている若年層も多く、常にブルーライトに晒された体は上手く睡眠導入することができません。このような事実から、若年層に不眠症が増えています。

若年層の不眠改善

若年層の不眠を改善するなら、まずはスマホを止めてしまうことです。と言っても、それは難しいと思うので、まずはスマホの時間を控えることから始めてみてください。たとえば睡眠前30分はスマホを弄らないで、部屋を暗めにして読書をする。これだけでもかなり睡眠導入がスムーズになり不眠が解消されます。

ただ、スマホでコミュニケーションが取れないことで、さらにストレスを感じて眠れなくなってしまうという人は、スマホのバックライト硬度を落とすなどして対応してみましょう。最近は若年層でも飲める睡眠サプリが販売されているので、そちらを導入してみるのもひとつの改善方法です。

眠れない、を放置すると大変なことになる

最初はただ眠れないという軽い気持ちで受け止めているかもしれませんが、のちにこれが続いていくことで常態化してしまう可能性は非常に高いです。若いうちは少々眠らなくとも体力は回復していきますし、それほど深刻なことにはなりません。ちょっとぐらい眠れないからどうだ、と考えるのは精神的な面ではいいことなのですが、不眠症を悪化させてしまうという面から考えるとあまりよいこととは言えないでしょう。もし一週間以上そんな状態が続いてしまった場合は、あまり安易に受け止めすぎないことをおすすめします。

誰でも不眠症になる可能性は持っているなど、決して珍しいことではありません。それは若者に限った話ではなく、どの年代の方にとっても言えることです。ただ眠れないということがストレスになってしまわないように、また眠れないことを軽々しく考えすぎないように。ひとの体は思った以上に繊細にできている部分も多いのです。

楽しいスマホの時間は寝る前には早めに切り上げてしまうこと、自分のなかできちんと最低限のルールを作り、それを守って楽しむことが不眠症を予防することにも繋がりません。ぜひ快適な眠りを手に入れてください。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.