1. HOME
  2. 睡眠関連コラム薬は避けたい!妊娠・授乳中の不眠の改善ならサプリメントがおすすめ

薬は避けたい!妊娠・授乳中の不眠の改善ならサプリメントがおすすめ

妊婦のお腹

妊娠中や授乳中というのは、赤ちゃんへの影響が気になって些細なことにも注意しなければなりません。実は病院で処方される睡眠薬もそのひとつ。妊娠と不眠は関係が深く、処方してもらう人も多いでしょうが、そこには大きな危険が潜んでいるんです。

妊娠中の睡眠薬による副作用

妊娠中に睡眠薬を飲み続けると、お腹の中の赤ちゃんに様々な副作用が起こることがあります。たとえば、お腹の中で赤ちゃんの呼吸が薄くなってしまったり、止まってしまったり、さらにはけいれんを起こしてしまうことまであるのです。

そして、一番危険だと言われる副作用が、奇形児が発生する確率が高まるということでしょう。奇形児とは目や鼻、口など人間の大切な部分がきちんと形成されずに生まれてきてしまう赤ちゃんのことで、赤ちゃんにとって大切な妊娠4か月から12か月の間は睡眠薬によるこのようなリスクが高まります。特に現在主流となっている「ベンゾジアゼピン」系の睡眠薬は、胎盤を起こしやすいと言われているので、基本的に服用はNGとされています。

授乳中の睡眠薬による副作用

授乳中の睡眠薬は妊娠中よりも赤ちゃんに及ぼす影響が大きいとされています。というのも、睡眠薬を飲んでしまうと母乳の中に「ジフェンヒドラミン」という成分が混ざってしまい、それを赤ちゃんが飲んでしまうと最悪の場合昏睡状態になってしまうことがあるのです。

そのため、基本的に授乳中は病院でも睡眠薬を処方してくれません。最近は市販された睡眠薬もあるので簡単に服用してしまいがちですが、市販のものも授乳中はアウトですし、飲んでしまった場合は24時間以上の期間をあけてから授乳しなくてはいけないのです。しかも、授乳中の睡眠薬は母乳の量を減らすという報告もあり、よっぽどでなければ避けておくべきでしょう。

ママの不眠解消はサプリメントで!

睡眠薬が飲めない。でも眠ることも出来なくて毎日ストレスが溜まるばかり。そんな妊娠、授乳中の方はサプリメントを飲めば解決するかもしれません。サプリメントのひとつである睡眠サプリは、眠るのに必要なセロトニンやメラトニンの分泌を助けてくれ、飲み続けるだけで質の高い睡眠が得られるとされているのです。

睡眠薬とは違ってコスト的にも安くなっているので、長期間飲み続けた際の出費がまるで違います。それに睡眠薬は飲み続けなくては効果が持続しませんが、睡眠サプリなら体内にある眠れない原因を取り除き、人間が本来持っている力で眠れるようにしてくれるので、最終的には薬もサプリメントも必要ない、子供のころのような安らかな睡眠を手に入れることが出来るのです。

サプリメントは服用しても大丈夫?

おそらく、ここで気になるのは妊娠、授乳中に薬はダメなのにサプリは平気なの?ということでしょう。これについては安心してください。サプリメントの原材料というのは全般的に自然界のもの、要は野菜や草花なんです。たとえば睡眠サプリに含まれるトリプトファンは食べ物に含まれている成分ですし、カモミールなどは誰もが御存知のように、香りのよい花です。それを服用して赤ちゃんに悪影響が出るのか、と言われれば絶対にNO。赤ちゃんへの影響は0と言っていいでしょう。

ただ、睡眠サプリの中には化学物質、農薬などで栽培された植物が使われていることがあり、その場合赤ちゃんへの影響が0とは言い切れません。そこで、農薬などを使っていないことだけは、服用前に確認しておいてください。自然成分いがいの科学的なものは一切使われていないので、睡眠薬のような即効性はありませんが、人間に必要な栄養成分も同時に補うことが出来るので、授乳中などのママさんを力強く助けてくれるでしょう。

本当に体にとっていいこと、とは?

いまだにサプリメントを飲むことについて良いと思っている方、悪いと思っている方それぞれの意見があるかと思います。どちらが正解であるかというのは今の時点でもハッキリとはしていません。妊娠中に飲んでもいいサプリメント、だめなサプリメントについてある程度「この成分が入っているものはNG」というのは先ほどもお話したとおりです。

しかし、逆にこの成分を摂ることがお腹の赤ちゃんや母体にとってもいいというものもあります。例えば葉酸などは、適量を摂るようにすると良いなど推奨されているものもあります。ですからすべてのサプリメントがだめなものだと何でも頭ごなしに決めつけることはおすすめしません。

本当に体にとっていいものは何であるのか、これをまずは考えてみる必要があります。たとえば妊娠中や授乳中に不眠であるという悩みを解決するためにはサプリはひとつの方法として選択することができますが、どういったことが原因であるかを探ってみる必要があります。眠れないという悩みの中にどういったものが隠されているのか、必ず眠れないことには何かしら原因が隠されているので「知る」ということをまずは意識してみるといいでしょう。

サプリメントを使いながら周りの協力を仰ぐ

たとえば育児疲れや妊娠中の不安など、単純な肉体の疲れやホルモンバランスの乱れによるものなど様々な原因が考えられます。もちろんこれ以外にもあげられるものはたくさんあると思いますが、そういったものが原因である場合はサプリメントだけでなく周りの環境を整えることも必要になります。

育児で疲れているのであれば、周りの手を借りるということ、誰かに助けを求めることも時には必要でしょう。妊娠中のホルモンバランスの乱れに関しては主治医に相談してみるなど、解決する道は必ずあります。自身の中で延々悩みを抱え続けていると、それがずっと抜け出せないループになってしまうこともあるのです。

睡眠サプリメントはひとつの手段としてはとても有効ですが、不眠を根本から改善するためには自身の環境を見直すことも大切なのです。自分ひとりでは解決できない不眠の悩みも、外へ助けを求めることによって解決する場合もありますので1人で抱え込まないようにするということ。特にデリケートな時期だからこそ、誰かに頼ってもいいんだというのを是非頭の中に留めておくといいでしょう。解決する方法はたくさんあるはずです。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.