1. HOME
  2. 睡眠関連コラム自律神経の乱れが不眠に影響する!睡眠サプリで解消しよう

自律神経の乱れが不眠に影響する!睡眠サプリで解消しよう

サプリメントが集合している画像

自律神経失調症というもの聞いたことはあるでしょうか。これは不眠症の人にとても多い症状です。これは自律神経の乱れから発生する症状。そんな自律神経が乱れると一体どうして不眠になるんでしょう。今回はこの自律神経と不眠の関係について学んでいきましょう。

自律神経が乱れると不眠に?

自律神経というのは、そもそも交感神経と副交感神経のふたつに分かれており、これらがバランスよく働くことによって、我々は普段正常に生活を送ることができています。交感神経というのは勉強や仕事、いわば日中に主な働きをしており、脳を緊張状態に保つことで働いたり知識を取り入れたりすることができるのです。

そして、副交感神経は交感神経の働きで疲労した脳をリラックスさせ、眠りにつく準備をする機能を持っています。しかし、何らかの原因によってこのバランスが崩れてしまう、副交感神経が上手く機能しなくなってしまうのです。すると、常に脳は緊張状態となってしまい、リラックスする暇がなくなってしまいます。ということは、眠ろうと思っても脳が働いてしまい、無駄なことばかり考えてしまい結局一睡もできなかった、なんてことがおきるわけです。

自律神経が乱れる理由

睡眠前のリラックスに大きく影響する自律神経。これが乱れてしまう理由は主にストレスです。人間にデメリットばかりを与えることで有名なストレスは、こんなところでも悪さをするわけです。

特に社会人や学生など人間同士のコミュニケーションが盛んな人は、どうしてもストレスを抱え込みがちで、自律神経が乱れやすいと言われています。それと、生活リズムの乱れからも乱れやすいと言われており、夜勤の人などは一定の時間に寝起きしているにも関わらず、自律神経が乱れて眠れないことも多いようです。

自律神経の乱れはサプリで解消

自律神経の乱れからくる不眠はストレスを呼び込み、さらに自律神経を乱れさせてしまいます。これを解決するためには、不眠を解決するためにサプリを飲みましょう。もちろんサプリなら何でもいいというわけでは無く、睡眠のためにGABAなどを多く含んだ睡眠用のサプリのことです。

睡眠サプリを飲むことによって睡眠に有効な成分を取り入れれば、自律神経が乱れて不眠になっている人もいつの間にか眠りにつくのが楽になるでしょう。即効性は無いのですぐに眠れるというわけではありませんが、これは刺激が強すぎる成分が入っていない証拠でもあり、体に優しいのも嬉しいところです。

睡眠サプリのセロトニンが効果的

睡眠サプリに含まれる有効成分のひとつに、トリプトファンというものがあります。これは、バナナを初めとした食品に含まれるもので、体内に入るとセロトニン神経に作用して、脳内神経伝達物質のひとつであるセロトニンを分泌させるのです。このセロトニン、あまり聞き覚えがないかもしれませんが、睡眠にはとても大切な物質。セロトニンは体内で分泌されることによって乱れた自律神経を整える力があるとされています。

そんなセロトニンは幸福物質と呼ばれることもあり、ドーパミン神経、ノルアドレナリン神経のバランスを均等にする効果まで持っており、自律神経が乱れる原因を根本から抑える効果まで持っているのです。自律神経の乱れで活発になった交感神経を抑えるのは難しいですが、セロトニンを多めに分泌させてやれば、ある程度交感神経の働きを抑えることが出来、自律神経を正常に戻すことができるでしょう。

ちなみに、セロトニンも自律神経と同じでストレスに弱いという特徴を持っています。ですので、ストレスを強く感じるような人は、セロトニンの元となるトリプトファンを少しでも多めに取り入れるようにしてください。

自律神経の乱れは誰にでも起こるもの

自律神経の乱れというもの自体は、誰にいつ起こってもおかしくないものです。例えば季節の変わり目や転職や進学などによる環境の変化など、何かしら今の状況が変わるという時期には心身のバランスを崩しやすくなってしまうものです。そう、基本的に人間の体というものはちょっとしたことで敏感に反応してしまうものなのです。それに対してどう対応していくか、それが不眠などの症状を予防することにも繋がっていきます。まず、こういった自律神経の乱れを起こさないためにも出来ることは何か。そこから考えてみるといいでしょう。

リラックスする時間を設ける

毎日の仕事に追われて自分の好きなこともなかなかできない、そのように思われている方は多いのではないでしょうか。確かにやるべきことがたくさんあるなど、ご自身の時間を確保することも難しく感じることでしょう。

しかし一日10分でもいいんです、自分にとってリラックスする瞬間を作ることが大切。読書やゲームなど、自身が好きなことをするという時間を意識的に設けることは、ストレスからの解放に繋がります。また、自分をリラックスさせるんだと意識することが「今この瞬間リラックスしているんだ」という認識にも繋がり、効果的です。

お風呂につかる、軽い運動をする

ストレスなどを回避するためには血行をよくすることも大事です。具体的にいうと身体を温めることが効果的。例えばお風呂も、毎日シャワーで済ませているという方は湯船につかる習慣をつけることがいいでしょう。アロマオイルを使ってみたり、お気に入りの入浴剤を入れてみるなどすればさらにリラックス効果が高まります。毎日とはいいませんが、週に2〜3回など無理のない範囲で湯船につかることをおすすめします。

また、軽い運動もおすすめです。ジムへ通って運動するというのは難しいかもしれませんので、毎日30分程度を目安に軽いウォーキングを行ってみてもいいでしょう。身体がポカポカと感じる程度に、軽く汗をかくことを意識してみましょう。

睡眠に関する悩みと深い関わりを持つといわれている自律神経の乱れ。ちょっとしたことがきっかけでそのバランスが崩れてしまうことがあります。サプリメントを飲んで対策するのももちろんおすすめですが、日々の行動にできることを取り入れていくことも不眠や体調を維持するコツになります。便利なアイテムも活用しながら是非実践してみてはいかがでしょうか。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.