1. HOME
  2. 睡眠関連コラム夜勤でなかなか眠れない!サプリなどで夜勤が原因の睡眠障害の対策

夜勤でなかなか眠れない!サプリなどで夜勤が原因の睡眠障害の対策

夜勤の仕事についている人々

コンビニやファミリーレストラン、果てはスーパーまで、24時間営業のお店が本当に増えてきています。これらは消費者にとってはありがたい限りですが、実際に中で働いている方々は生活リズムが乱れて睡眠障害、という方も多いようです。今回はそんな夜勤の方のために、睡眠障害の対策方法をご紹介します。

夜勤と睡眠障害

夜勤と睡眠障害は密接な関わりがあります。実際に夜勤で働く人の抱える病気ランキングを見てみると、睡眠障害は3位にランクインするほどで、2割は睡眠障害によって眠れない毎日を過ごしているようです。これは寝る時に部屋が明るいことで覚醒状態になり睡眠導入が出来なかったり、体内時計のリズムが狂ってしまったり、様々な理由からくるものと考えられています。

そもそも人間というのは朝起きて夜寝るように作られているため、それに反した生活をしていれば睡眠障害が起きるのは当たり前のことなのです。このような睡眠障害が続くようであれば睡眠不足で仕事がおろそかになるだけでなく、最悪の場合うつ病などの精神的病気が待ち受けているとも言われています。

ちなみに交代勤務で労働の時間が不規則な方はさらに酷く、交代勤務睡眠障害と呼ばれ、日勤の人と比較した場合に6倍も睡眠障害を引き起こすリスクが増えるそうです。睡眠障害は進行すればするほどに完治が面倒になってきますので、早めの対策で日常生活に支障が出ないようにしましょう。

サプリで睡眠障害を対策

夜勤の方が睡眠障害に陥る主な原因。それは太陽光に当たる時間が少ないことだとされています。何となく太陽光と言うと覚醒してしまうイメージがありますが、実はこれが睡眠には重要なんです。というのも、太陽光を浴びることによって体内では夜に睡眠を促してくれるメラトニンが作りだされ、これがスムーズな睡眠を導いてくれます。

しかし、夜勤の方は太陽が出ている時間に睡眠をするため、このメラトニンが不足し、結果として睡眠が浅くなったり導入が遅くなったりするのです。では、太陽光を浴びながら寝ればいいのかと言われれば、それではすぐに覚醒してしまい睡眠どころではありません。このような八方ふさがりの状態を解決してくれるのが睡眠サプリです。

これには太陽光を浴びることで初めて分泌されるメラトニンの材料となるトリプトファンと呼ばれる成分が配合されているため、太陽光をしっかりと浴びなくても睡眠障害を解消してくれるでしょう。中にはメラトニンを直接配合したサプリもありますが、こちらは副作用が少なからず報告されているため、あまりおすすめはできません。

トリプトファンであれば副作用の心配はなく、体内でメラトニンを増やしてくれるでしょう。ただ、ひとつ注意してほしいのは飲んですぐに効果が出ないこと。睡眠サプリは飲んでから効果を実感するまで最低でも1週間程度はかかりますので、効果が無いと勘違いせず、服用を続けてみてください。

夜勤の人はカーテンを閉めよう

サプリでの睡眠障害対策は実に効果的です。そんな効果を高めるため、是非おこなってほしいのがカーテンを閉めることです。夜勤の方が帰って寝る時間というのは、おそらく太陽がサンサンと輝いている時間でしょう。そんな時間にカーテンもせずに寝てしまうと体内時計が狂い、睡眠障害を悪化させてしまう危険性があるのです。

そのため、家に帰って寝る際はカーテンをピッタリと閉め、部屋はなるべく夜の環境に近い暗さにしてあげましょう。そうするだけで体は自然と睡眠に入りやすくなりサプリの効果をより高めてくれることが期待されます。これと同時に帰宅する時にサングラスをしておけば、太陽による覚醒効果を和らげることが出来るので、帰宅後の睡眠を邪魔しません。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.