1. HOME
  2. 睡眠関連コラム理想的な寝室の環境って?睡眠に最適な温度と湿度について

理想的な寝室の環境って?睡眠に最適な温度と湿度について

清潔感溢れる寝室の画像

いくらストレスを排除してメラトニンを摂取しても、真の意味で理想の睡眠を得ることはできません。何故なら、理想の睡眠には理想的な寝室も必要となるのです。

理想の温度って?

まずは理想の室温についてですが、これは冬場と夏場で違いがあります。やはり夏場は少し高め、冬場は少し低めで周りの環境と合わせるのが最適と言えるでしょう。具体的に言うのであれば、夏場はおよそ26~28度程度、冬場は18~23度程度が理想となります。

温度についてはエアコンの設定よりも少し高くなったり低くなったりすることもあるので、実際に温度計を部屋に設置して、それを目安にしながらエアコンの温度設定を弄ってみてください。特に就寝直前は適温にしておくことで、自然な眠気を感じることが出来るので、寝に入るまでは上記の温度を保つようにしましょう。

理想の湿度って?

湿度は夏場でも冬場でも、出来れば50%程度に保ちましょう。おそらく冬場はエアコンも相まって、加湿器を設置しなければ湿度が30%程度まで落ち込むと思います。しかし、それだと寝ている間に喉が乾燥してしまいますし、快適な眠りを邪魔することもあるでしょう。

逆に夏場なんかは湿度が高めになりがちですが、これも理想の睡眠の邪魔となります。少し面倒ではありますが、加湿と除湿、両方ができるようにしておき、理想の湿度を保ってみてください。これと同時に周りからの音を遮断したり、無駄な光を入れないことも重要です。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.