1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠症と過眠症が交互に繰り返す?関係や対策方法について

不眠症と過眠症が交互に繰り返す?関係や対策方法について

寝室で眠る外国人女性

不眠症は有名ですが、その対となる過眠症が存在することはあまり知られていません。しかし、不眠症と過眠症は交互に繰り返すことがあり、不眠症の人は過眠症にも気を付けなくてはならないのです。

不眠症と過眠症が交互に?

過眠症や不眠症を持っている人の中には、両方が交互に繰り返してしまうという人がいます。というのも、不眠症によって長い期間、眠ることが出来ないと何の前触れもなしに急に強い眠気が襲ってくることがあるのです。これは体があまりの睡眠不足に悲鳴をあげた証拠で、こういった状態の時に眠ると自分でもびっくりするくらい、たとえば12時間くらい簡単に寝てしまうことがあります。

これが長く続くことで過眠症となり、今度は寝すぎで眠れない日々が続き不眠症へ、というのを繰り返してしまうことがあるのです。結局のところ人間は一定以上、睡眠をとらなくてはならない生き物で、寝なかった分はどこかしらで清算しなくてはいけない、と考えておくといいでしょう。

あらゆる病気が隠されていることもあります

不眠症と過眠症を交互に繰り返すということは、ひとつの異常のサインと考えて間違いありません。ただ眠りに関する悩みだけでなく、別の病気が隠されている可能性も非常に高いのです。なかでも最も可能性が高いものとしてあげられるのが「うつ病」です。うつは精神的な面だけでなく、肉体面でも様々な症状が起きる病の一つ。眠れないなど、眠りに関する悩みを抱えている方はこのうつを発症している方がとても多いです。

つまり、この不眠と過眠を繰り返している場合はこのうつを改善させることによって、自然と症状が治まってくる可能性が高いです。もし睡眠に関する悩みだけを解決しようと躍起になり、それでもどうにもならないという場合はこのように他の症状を疑ってみることも大切です。

意外と別のところに原因が隠されていることは珍しくなく、その原因自体を治療することが一番の近道となることもあります。特に睡眠の問題は意外と本人が思っているよりもデリケートなこともありますので、もし自分の症状に何か思い当たることがあれば、一度そちらも探ってみるといいのではないでしょうか。自分の体から出ているサインを決して見逃さないことです。

対策方法は?

不眠症と過眠症が交互に起こる人は、対策として毎日同じ時間に起きるようにしましょう。不眠症の人はなかなか眠れず、朝起きるのが辛いかもしれませんが、毎日の起床時間がバラバラになってしまうと過眠症を引き起こす可能性が高くなってしまうのです。実際に過眠症の人の多くは寝起きする時間がバラバラという報告も既にあります。ですので、慣れるまでは辛くとも毎朝同じ時間に起きるようにし、睡眠のリズムを整えてあげましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.