1. HOME
  2. 睡眠関連コラム手足ほてりで不眠に!眠れないほてりの原因と対策方法とは

手足ほてりで不眠に!眠れないほてりの原因と対策方法とは

女性が頬に両手を当てて悩んでいる

手足がほてって眠れない。これは不眠の悩みを持っている人なら珍しいことではありません。今回は手足のほてりで眠れなくなってしまう原因と解決方法を見ていきましょう。

手足のほてりが不眠に?

手足がほてって眠れない人は、おそらく冷えによるものと考えていいでしょう。なぜ冷えが原因なのに手足がほてるのかと言えば、それは手足に血を送りすぎてしまうからです。人間の体だというのは、あまりに冷えてくるとそれを解消するために脳が血行の悪くなりがちな部分、手足に血を多めに送るようになります。

そうなれば必然的に手足は温かくなるわけです。しかし、人間というのは睡眠前に体を冷やし、それによって眠気を得る生き物。手足に血が行き渡ってほてった状態ではいつまでも眠ることが出来ず、これが長続きすれば不眠症に陥る可能性だってあるでしょう。

対策方法とは

手足のほてりは体が過剰なほどに血を送ってしまうからです。そのため、血が過剰に送られる前に自分で手足を温めてしまえば解消することができます。方法としては厚めの靴下と手袋をしたり、カイロを使ったりなど、いろいろと考えられますが、一番おすすめなのは足と手をお湯につけてしまうことでしょう。

もちろん、火傷するほどの熱湯では無く、40度程度のぬるま湯。これにゆっくりと数十分ほど手足をつけておけば、余計に血が送られることもなく、温まった手足も徐々に冷めてくるため、眠気が自然に襲ってくるようになります。

常に身体を温めておく習慣を

先ほどから述べているように、ほてりの原因は冷えによるものである可能性が非常に高いです。この冷えが起きる前に足湯などで対策することもおすすめですが、常に身体を温めておく習慣を持つことを意識するのがいいでしょう。具体的にいうと、普段から腹巻きを着用するようにする、足首・手首・首元などの「首」の部分を冷やさないようにすること。ここには太い血管が通っていることから、全身をむやみに温めるよりもこの部分を的確に温める方が効果的になります。

ただ厚着をするのではなく、インナーに保温効果のあるシャツを着込んでみたり、冷たい飲み物ばかりでなく温かい飲み物を意識して飲むようにするなど日常の何気ないことを工夫することが冷えを遠ざけることに繋がります。生姜などの身体の内側から温める効果の高い食材を取り入れることも、十分冷え対策になりますので食事を意識してみるのもいいでしょう。

ほてりが起きるなら正しい冷え対策を行うこと。血の巡りもよくなりますので疲労回復や美肌にも高い効果を発揮してくれます。冬の寒い日には腰やお腹にカイロを貼って温めておくことも効果的。身体の内部から温めて冷えを遠ざけていきましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.