1. HOME
  2. 睡眠関連コラム肩こりが原因で不眠に?肩こり型不眠の悪循環と解消法について

肩こりが原因で不眠に?肩こり型不眠の悪循環と解消法について

肩こりに悩んでいる女性

日本人は睡眠に関する悩みを抱えていることが多く、実に2人に1人は何かしらの睡眠障害を持っていると言われています。肩こり型不眠もそんな睡眠障害のひとつで、早めの解消をしなくては悪循環でどんどん症状が酷くなるのです。

肩こり型不眠って?

肩こり型不眠というのは、その名の通り肩こりと不眠を同時に抱えてしまうという症状です。実際に慢性的な肩こりに悩んでいる人を調査してみた結果、肩こりを持たない人と比べて約2倍もの睡眠障害のリスクを持っていることが分かっています。このことから、肩こりと不眠には密接な関係があり、このような名前となったのでしょう。

肩こり型不眠は悪循環?

肩こり型不眠の恐ろしいところは、放置しておくと負のスパイラルでどんどんと症状が悪化していくところです。というのも、慢性的な肩こりを持っている人は筋肉が常に緊張状態にあるため、寝てもすぐに目が覚めてしまうことがあります。

そのため、すっきりとした睡眠がとれず、これが大きなストレスとなり自律神経を狂わせていくのです。自律神経が狂うとどうなるかといえば、神経が常に昂ってしまい不眠へと発展していきます。しかも、自律神経が肩こりを悪化させることもあり、まさに負のスパイラルから抜け出せなくなるわけです。

肩こり型不眠の解消法

肩こり型不眠を解消するには、まず肩こりから解消しなくてはなりません。肩こりの解消方法としておすすめされているのが、こりの目と呼ばれるツボを刺激して血流を改善し、肩の痛みを緩和しようという方法です。やり方はいたって簡単なことで、自分が違和感を持っている部分を探し、その部分を指で強めに押すだけ。これと同時に市販されている磁気の治療器などを使うと、さらに効果が高まるとされています。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.