1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠が事故につながる!睡眠不足で運転は飲酒運転と同じくらい危険

不眠が事故につながる!睡眠不足で運転は飲酒運転と同じくらい危険

不眠が事故につながる!睡眠不足で運転は飲酒運転と同じくらい危険

不眠からくる睡眠不足状態で運転をするというのは、飲酒運転と同じくらい危険だということをご存知ですか。法律には引っかからないと思って睡眠不足運転をしていると、後で痛い目を見るかもしれませんよ。

睡眠不足の危険性

睡眠不足での運転がいかに危険であるかというのは、既に結果が出ています。これは睡眠不足とされる人と飲酒状態の人を比較したもので、互いの眠気をそれぞれ測ってみたところ、睡眠時間を2時間減らしただけで缶ビールを2本飲んだ状態と同じくらいの眠気がある、という結果が発表されました。

アルコールを普段から飲む人なら分かると思いますが、缶ビール2本と言えばけっこうなもの。人によっては真っ直ぐ歩けなくなってしまうレベルです。そんな状態で運転なんてすれば、すぐにではなくとも、いずれ事故に繋がることは目に見えています。睡眠不足による一瞬の判断遅れが、一生後悔する事故となってしまうのです。

睡眠不足の時は休憩

睡眠不足の時は極力運転を避けてほしいのですが、仕事でどうしてもという時もあるでしょう。そういった際には15分でいいので休憩をとってみてください。たとえばコンビニの駐車場などを少し拝借して、15分ほどの過眠をとる。たったの15分と思われるかもしれませんが、これが予想以上に効果的なもので、頭がスッキリして集中した運転ができるようになります。「飲んだら乗るな」という言葉と同じようにこれからは「寝ないで乗るな」もスタンダード化していくかもしれません。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.