1. HOME
  2. 睡眠関連コラムストレスが原因の不眠を改善!セロトニンの分泌をサプリなどで補助しよう

ストレスが原因の不眠を改善!セロトニンの分泌をサプリなどで補助しよう

ストレスが原因の不眠を改善!セロトニンの分泌をサプリなどで補助しよう

ストレス社会と言われる現代。ストレスを抱えていない人を探すのは不可能といってもいいかもしれません。そんなストレスを溜めこみすぎてしまうと不眠になりやすいと言われています。ここではそんなストレスと不眠の関係、そして改善方法をご紹介しましょう。

ストレスと不眠

ストレスと不眠については深い関係性が認められています。というのも人間はストレスを過度に受けることで自律神経を乱してしまうのです。この自律神経というのは交感神経と副交感神経の2つで構成されており、それぞれが大切な役割を持っています。

1つずつ説明すると、交感神経には体の働きを活発にし、適度な興奮状態に導くという働きがあります。これに対して副交感神経は全く逆の働きで、興奮した体を落ち着かせたり、リラックスさせたりという働きを持っているのです。これらは基本的に日中は交感神経、夜になれば副交感神経といったように切り替わり、バランスよく機能することで日常生活を支えています。

しかし、ストレスを受けすぎると自律神経が乱れてこれらのバランスも崩壊してしまいます。夜になっても副交感神経への切り替えが行われず、いつまでも感情が昂り、結果として眠れない状態、不眠状態へと陥ってしまうのです。さらに厄介なのが不眠によってもストレスが蓄積するということ。ストレスで眠れなくなり、眠れなくなることでストレスが溜まり、どんどんと悪い方向へと向かっていきます。最悪の場合、これが続いて鬱状態になることも考えられるでしょう。

不眠を改善するにはセロトニン

ストレスによる不眠を改善するためにはセロトニンが大切だと言われています。セロトニンというのはノルアドレナリンやドーパミンと分泌のバランスをとることで精神の安定を司るという効果を持った物質です。そのため、セロトニンがしっかりと体内に存在することでストレスによる感情の昂りを抑えることができます。そうすれば、夜になって眠れないということも無くなり、自然な眠りでストレスも解消し、良い方向へ向かっていくことでしょう。もちろん、乱れた自律神経も整っていきます。

さらに、セロトニンには睡眠の質を向上させる効果もあります。セロトニンは人間が眠る時間になるとメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンへと変化していくのです。これにより睡眠への導入がスムーズになるだけでなく、睡眠自体の質も向上します。ちなみに、セロトニンの分泌量が多ければ夜の9時ごろからメラトニンが体内に増えていきます。

セロトニンの分泌はサプリで補助!

ストレスによる不眠を改善するために欠かせないセロトニンですが、残念なことに外から摂取することができません。あくまでも体内で作りだすことしかできないため、運動をしたり太陽光を浴びたりすることが増やすことに繋がります。ただ、セロトニン自体は無理でもセロトニンの材料なら摂取できます。そう、セロトニンはトリプトファンと呼ばれる成分を材料として作りだされる性質があるので、要はトリプトファンを摂取してやれば間接的にセロトニンを増やせるのです。

そんなトリプトファンの摂取方法として効果的なのがサプリメントです。睡眠に有効とされるサプリメントであれば、多くのトリプトファンを含んでいることから、セロトニンの分泌を補助することができます。しかも、睡眠サプリはトリプトファンだけでなく、グリシンやラクティウムといった他の睡眠に効果のある成分も配合されてます。これがあれば、ストレスによる不眠もバッチリ対策でき、辛かった日々が嘘のようになるでしょう。

睡眠サプリならトリプトファンの摂取しそびれもなくなり、毎日十分なセロトニン、そしてメラトニンが分泌されるでしょう。ストレスによる不眠で辛くなる前にサプリメントで対策するというのも一つの手です。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.