1. HOME
  2. 睡眠関連コラム寝るときは真っ暗がいい?電気をつけたまま睡眠するリスクとは

寝るときは真っ暗がいい?電気をつけたまま睡眠するリスクとは

寝るときは真っ暗がいい?電気をつけたまま睡眠するリスクとは

寝る時に部屋を真っ暗にするタイプと、少しだけ電気をつけて寝るタイプ、2種類の人がいますよね。しかし、これってどちらの方が睡眠にはいいのでしょうか。今回はこの問題について解明してみましょう。

真っ暗で熟睡

部屋を真っ暗にして眠る。これは睡眠に対する一般的なイメージと言えるでしょう。これは実際に睡眠に重要なことで、やはり人間が朝起きて夜眠る生物ということを考えると真っ暗の方が熟睡できます。というのも、真っ暗な状態で眠ることで人間の体内ではメラトニンが分泌されます。

これは睡眠には欠かせないホルモン物質であり、多く分泌されればそれだけ睡眠の質は向上し、深い眠りへとつくことができるのです。これにより睡眠時間に対して疲労回復も効率よく、朝になればスッキリと目覚められます。

電気をつけたままだと?

人間は太陽光を初めとした光を感知することで、コルチゾールと呼ばれるホルモンを分泌する性質を持っているのです。このコルチゾールというのは、分泌されることで覚醒効果をもたらし、熟睡中の体を起こしてしまいます。このホルモンは非常に厄介なもので、少しの量でも確実に覚醒効果をもたらし、大小あれど人間の睡眠を妨げるのです。

そのため、電気をつけたままだと深い眠りに入ることができず、いつまでも浅い眠りで疲れがとれません。これが電気をつけたまま睡眠をするリスクとなります。消し忘れの場合は仕方ありませんが、極力、電気は消して真っ暗な状態で睡眠しましょう。

真っ暗なままだと不安な場合

とはいうものの、長年明かりがついてきた部屋で寝てきたため真っ暗な状態にすると怖く感じてしまうという方もいるようです。体のためには暗くするのがいいとは分かっているものの、その状態に慣れないことでかえって寝にくくなってしまう方もいるようですが、この場合はどういった対処法をとればいいのでしょうか。

ひとつ方法としては、少しずつ明かりの量を減らしていくというものがあります。ご家庭によっては明かりの量を細かく調節することが難しい場合もあるかもしれませんが、例えば小さなLEDランプを置いてみてだんだんをの距離を離してみるなど、少しずつ明かりとの距離をとってみるのもおすすめです。

また、できるだけ眠りやすい状態に部屋を整えておくのもいいでしょう。冬場であれば部屋を暖めておく、夏場はクーラーで適温に、明かり以外の環境を整えておくことで眠りに関する悩みをひとつでも減らすようにするというものです。

はじめのうちは慣れないかもしれませんが、意外と朝のスッキリ感を感じられるようになると「暗いのもいいかもしれない」と思えることもありますので、少しだけ勇気を出して真っ暗ななかで眠ることを試してみてはいかがでしょうか。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.