1. HOME
  2. 睡眠関連コラムプロテインが不眠に効くって本当?睡眠とプロテインの関係とは

プロテインが不眠に効くって本当?睡眠とプロテインの関係とは

プロテインが不眠に効くって本当?睡眠とプロテインの関係とは

不眠に効果的だと言われている食品は多く、牛乳やバナナなどが代表的でしょう。そんな中で異彩を放つのがプロテイン。実は睡眠と深い関係を持っているんです。

睡眠とプロテインの関係

睡眠に大切なホルモンといえばセロトニン。不眠に悩まされる人はこれが不足しているせいで眠れないという可能性が高いでしょう。そんなセロトニンの補給にうってつけなのがトリプトファンという成分です。これはバナナなどの食品に含まれることで有名な成分で、睡眠に必要なセロトニンの材料となります。そもそもセロトニンを直接含んでいる食べ物は存在しないので、どうしてもトリプトファンの摂取が必須となります。

このトリプトファンを多く含んでいるのが、まさにプロテインというわけです。プロテインを摂取することでトリプトファンを体内に摂りこみ、それがセロトニンとなり、睡眠の助けとなってくれます。プロテインと睡眠なんて一見関係なさそうに感じるものですが、こういった理由から睡眠への効果が期待できるのです。一度、騙されたと思って飲んでみてください。

プロテインの飲みすぎは厳禁

いくらプロテインが睡眠に効果的だからと言っても飲みすぎてはいけません。何故なら、プロテインは肝臓へ負担をかけると言われており、飲みすぎは肝臓の機能を弱めてしまう可能性があるからです。そのため、まずは1日に1杯程度、慣れてきたら少し増やすかな、くらいの気持ちで始めましょう。そして、睡眠のためのプロテインならば必ずトリプトファンを含む商品を選ぶようにすると良いでしょう。

プロテインは毎日続けていくことで効果がある

筋肉を作ったり体づくりを行うのであればプロテインを摂取し続けることがまず必要となります。つまり毎日飲まなければその効果を得ることが出来ないというわけです。これと同じで、不眠の対策としてプロテインを活用するのであれば、きちんと決まった量を続けていかなければ意味がないということです。

ただし先ほども述べたように、プロテインは肝臓への負担をかけてしまうなど体に対して与えるリスクが少なからずあります。不眠の対策として有効であると同時に、誤った活用の仕方をすることで逆に毒になってしまうことだってあるのです。もちろん正しく使えばそれほど問題ではありません。きちんと適量を守ることが大切なのです。

不眠はもちろんプロテインだけで解決できるものではなく、まずは毎日の生活習慣の見直しなど必要なやるべきことを行うということも大切なのです。たとえば決まった時間に寝起きすること、眠る前にスマホやパソコンを触ったりしないこと、ストレスをためないようにすること、これらを意識して行わなければ何も意味はありません。プロテインはあくまでも一つの方法として有効である、ということを頭に置きつつできることをやってみましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.