1. HOME
  2. 睡眠関連コラム金縛りも睡眠障害!睡眠麻痺のメカニズムや原因、対策方法とは

金縛りも睡眠障害!睡眠麻痺のメカニズムや原因、対策方法とは

金縛りも睡眠障害!睡眠麻痺のメカニズムや原因、対策方法とは

日本人の約4割が一度は体験すると言われる金縛り。これも立派な睡眠障害のひとつであるというのをご存知でしょうか。今回はそんな金縛り、通称「睡眠麻痺」についてお話します。

睡眠麻痺のメカニズム

睡眠麻痺が引き起こされる原因は2つの睡眠にあると言われています。ご存知の方も多いとは思いますが、その2つというのは「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」と呼ばれるものです。これらは簡単に説明すれば、レムが浅い睡眠、ノンレムが深い睡眠というもの。通常であれば人間はこれらの睡眠を繰り返すことで健康的な休息をとることができます。

しかし、睡眠麻痺の症状が見られる人はこの2つのバランスが崩れており、普通ならノンレム睡眠から入るはずが、レム睡眠から眠りに入ります。そうなると意識はあるのに体が動かない状態、いわば金縛り状態となるのです。こういった症状は過度な寝不足であったりストレスを受けることで引き起こされるとされています。

睡眠麻痺の対策方法

意識はあるのに体が動かない睡眠麻痺。普段からしっかりと対策をして予防しておきましょう。睡眠麻痺は既に説明したように寝不足やストレスで発生するので、まずは十分な睡眠をとることが大切になります。睡眠不足になればストレスが溜まりますし、そのストレスによって寝不足が引き起こされる可能性もあります。まずはしっかりと寝るようにすることを心がけましょう。そして、仰向けで寝てしまうことで睡眠麻痺を引き起こすこともあるので、出来るだけうつぶせ、もしくは横向きに寝るといいでしょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2018 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.