1. HOME
  2. 睡眠関連コラム睡眠不足はアルツハイマー病につながる!サプリなどで睡眠の質をUP

睡眠不足はアルツハイマー病につながる!サプリなどで睡眠の質をUP

睡眠不足はアルツハイマー病につながる!サプリなどで睡眠の質をUP

睡眠不足とアルツハイマー病には深い関係があることをご存知でしょうか。これは、カリフォルニア大学からの発表でも証明されているれっきとした事実。少し恐ろしい、この新事実について詳しく解説してみましょう。

睡眠不足がアルツハイマー病に?

冒頭でも触れた通り、睡眠不足とアルツハイマー病の関係は既に発表済み。カリフォルニア大学バークレー校に在籍する脳科学者の方々によると、睡眠の質が低下していたり、睡眠時間が少ない人はアルツハイマー病に近づく一方とのことです。そもそもアルツハイマー病と睡眠不足の関係については2013年に動物実験が行われており、その結果、深い睡眠状態の動物は脳細胞が縮み、アミロイドβたんぱく質を初めとした脳の中にある有害とされる物質を排出することが分かりました。これと同時に年齢と共に睡眠不足に陥りやすいことも分かり、歳をとればとるほどにアルツハイマー病が増えることと一致します。

さて、ここで話を戻して今回発表された実験結果です。今回は既に発表されている実験とは違い、人間を使って行いました。具体的な実験方法としては70歳前後の人々を対象とし、全部で120個の単語を覚えてもらい、その後8時間ほどの睡眠をとってもらったのです。そして、起床後に覚えている単語の数を測定。この結果、睡眠の質が低かった人ほど覚えている単語の数が少なく、先ほど紹介したアミロイドβたんぱく質の量も多く、睡眠とアルツハイマー病の関係が以前よりも明確になりました。簡単に言えば、深い睡眠をしないと脳内の有害物質を排出できない、ということでしょう。

サプリで睡眠の質を上げる?

さて、睡眠不足とアルツハイマー病の関係が分かったところで、この改善方法も紹介しましょう。その代表例として有名なのがサプリで改善すること。ようはアルツハイマー病対策には十分な睡眠時間、そして質の良い深い睡眠が必要なわけです。これを提供してくれるのが、まさに睡眠サプリ。含まれている多くの成分が質の低下した睡眠を強力にサポートしてくれます。

たとえば、睡眠サプリにはトリプトファンが含まれていて、これは最終的に体内でメラトニンを発生させます。メラトニンと言うのは歳をとればとるほどに低下するホルモン。これが少なければ睡眠の質が低下しますし、逆に多ければぐっすりと眠れるでしょう。

また、精神を安定させる効果をもつGABAが含まれているのも魅力的。ストレスを受けることで精神的なバランスが崩れると、夜になってもやきもきして眠れません。この理由のひとつとして、ストレスで精神を抑制するGABAが減少することがあげられます。ですので、GABAを睡眠サプリで摂取しておけば無意味に感情が昂って眠れない問題も解決。特に若い人の場合ストレスを溜めこみがち。最近は若い人でもアルツハイマー病になると言われているので、早いうちから睡眠サプリで対策しておきましょう。

軽い運動で睡眠の質UP

サプリと同時に軽い運動も取り入れると、よりアルツハイマー病対策になると思います。特に年がら年中デスクワークをしていて、滅多に運動をしない方。そういった方は無意識のうちにストレスを溜めこんでいたり、メラトニンが不足している可能性大です。そこで、会社帰りに軽く走ってみたり、可能な距離なら自転車で通勤してみたり、日常生活に運動をプラスしてみてください。軽い運動はメラトニンの分泌を促してくれますし、何よりもストレス解消になります。あまりにストレスを溜めこむと睡眠不足どころか不眠症の可能性もあり、そこからのアルツハイマー病なんて考えたくもないです。実験でも証明された睡眠とアルツハイマー病の関係。照明されたからこそ、それに負けないように努力しましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.