1. HOME
  2. 睡眠関連コラム不眠と不眠症は同じじゃない?気になる違いや見分け方について

不眠と不眠症は同じじゃない?気になる違いや見分け方について

不眠と不眠症は同じじゃない?気になる違いや見分け方について

不眠と不眠症、たった1文字違うだけですが、実はこれらは全く別物。何となくごっちゃになっている人も多いと思うので、このあたりで2つの違いや見分け方について知っておきましょう。

不眠症とは

不眠症については国の定める基準をクリアして初めて認められます。認められて嬉しいものでもないのですが、全部で3つ。それら全部を満たすことで、初めて不眠症ということになるのです。その3つというのが、「入眠障害や中途覚醒、熟眠障害に早朝覚醒、これらのいずれかに該当すること」「不眠を一月以上抱えており、週に2回は感じること」「不眠のせいで仕事に支障が出ていたり、自分が苦しいこと」です。これら全部に該当すると思った方は不眠症となります。

不眠とは

では、不眠症に対して不眠はと言えば、こちらの見分け方は非常に簡単。ようは上記で紹介した不眠症の条件に当てはまらなければ不眠なのです。たとえば、いくら入眠障害などを持っていても、それが一月未満であれば不眠症とは認められず不眠となります。もちろん、それが一月以上になれば不眠症になるのですが、それまでは不眠です。どちらも眠れずに辛いのは同じですが、異常のような違いや見分け方が存在しています。大雑把に言ってしまえば深刻なものは不眠症。とは言っても、全てに当てはまらない辛い症状もあると思うので、何とも言い難いところではあります。今まで知らなかった方は自分がどちらか確認してみるのもいいでしょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.