1. HOME
  2. 睡眠関連コラム睡眠導入剤と睡眠薬の違いってなに?気になる効果や影響について

睡眠導入剤と睡眠薬の違いってなに?気になる効果や影響について

睡眠導入剤と睡眠薬の違いってなに?気になる効果や影響について

睡眠導入剤と睡眠薬、何だか似ているけど名前の違う2つの薬。一体これらにはどんな違いがあるのでしょうか。名前以外の部分で見ていきましょう。

睡眠導入剤と睡眠薬の違い

初めに答えから言ってしまうと、これらに対した違いはありません。どちらも睡眠のための薬という意味では変わりなく、細かい部分で違いがあるだけです。その違いというのが効果。一般的に睡眠導入に特化した、人を寝かしつける力の強い薬のことを睡眠導入剤と言っています。逆に睡眠薬といえば普通に眠らせるスタンダード薬といったところ。ただ、これらの定義も曖昧な部分があり、医師によって見解が違うことも多いです。

睡眠導入剤と睡眠薬の効果や影響

まず睡眠導入剤の効果についてですが、やはり睡眠薬と比べて即効性の高いものが多いです。中には飲んでから10分もすれば効果が現れるものもあります。ただ、作用時間自体は短めなので注意しましょう。これに対して睡眠薬は効果が出るまでは導入剤と比べて長め。しかし、作用時間は長くなっています。ただ、あまりに強い薬だと次の日まで眠気が残ることもあるのが厄介です。

これら睡眠薬の影響として怖いのが依存性。あまりに長期間の服用を続けると徐々に依存が強くなり、次第に睡眠薬無しでは眠れなくなるのです。そのため、長期間の服用は基本的に避けておくべきでしょう。どうしても眠れないときだけ使って、後は運動やサプリで対策する。こういった使い分けが必要になってきます。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.