1. HOME
  2. 睡眠関連コラム季節によって睡眠時間が変化する!時期に合わせて変化する睡眠とは

季節によって睡眠時間が変化する!時期に合わせて変化する睡眠とは

季節によって睡眠時間が変化する!時期に合わせて変化する睡眠とは

冬になれば寒くなり空気が乾燥、夏が近づけば暖かくなって湿度も上昇。このように、季節によって周りの環境は変化していきます。そんな変化から実は睡眠時間も変化。今回はこれについて話しましょう。

冬は睡眠が長くなる!

冬と言えば一部の動物が冬眠する季節でもあります。そんな冬場は暗くなるのが早いので、メラトニンが他の季節よりも多く分泌されるのです。メラトニンの分泌量が多いというのは、そのまま睡眠時間が長くなると言っても過言ではありません。これは、暗い時間になったら眠るという人間の本能に基づいた結果と言えるでしょう。また、冬場はどうしても朝に布団から出るのが辛いもの。ついつい2度寝をしてしまうことも多く、人によってはこれで睡眠時間が長くなることもあると思います。冬が過ぎるとやってくる春も暖かくなったことで睡眠時間が長くなりがち。春眠暁を覚えずとはよく言ったものです。

夏は比較的短い?

では、季節を反転して夏はどうかと言うと、こちらは想像通り睡眠時間が短めになります。冬とは正反対で暗くなるのが遅く、夜の時間が短いので冬場と比べてメラトニンの分泌量が低下、これによって自然と睡眠時間が短くなるのです。そのため、日中に眠気を感じることも多く、人によっては昼寝が多発することも。そういった意味ではトータル睡眠時間は変わらないかもしれません。このように、季節によって少しずつ睡眠時間も変わってきます。ですので、その季節に合わせて睡眠時間を決めるのもいいでしょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.