1. HOME
  2. 睡眠関連コラム中途覚醒など不眠の原因は睡眠中にあった?睡眠時無呼吸症候群とは

中途覚醒など不眠の原因は睡眠中にあった?睡眠時無呼吸症候群とは

中途覚醒など不眠の原因は睡眠中にあった?睡眠時無呼吸症候群とは

眠っている最中に何度も目が覚めてしまう、こんな経験ありませんか。そんな方は睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。これは不眠の原因にもなるので十分に注意しておきましょう。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群は読んで字のごとく、睡眠中に無呼吸、いわば呼吸が停止した状態となります。ひとつの基準として、10秒以上呼吸が止まった状態を睡眠中に30回繰り返すと睡眠時無呼吸となるようです。睡眠中なので自分では気づきにくいのですが、いびきをかくことが多いので一緒に寝ているパートナーがいる方なら指摘されることもあるでしょう。その場合はすぐに病院に相談してみてください。

いびきだけでなく、夜中に何度も目が覚めてしまったり、起きたときに口の中がカラカラになっていたり、しっかり寝たのにスッキリ感が無かったり、様々な弊害を引き起こします。ちなみに、睡眠時無呼吸症候群では長いので頭文字をとって、通称SASとも呼ばれます。

予防策

睡眠時無呼吸症候群の対策として睡眠薬を考える方がいますが、これはNG。睡眠薬を飲んでも症状が悪化することも多く、とりあえずと思って飲むと大変なことになりかねません。自分の判断だけでは決めず、なるべく医師に相談してみてください。また、仰向けで眠ることも良くないとされています。横向きで眠ることによって症状が緩和されるので、抱き枕などを用意して横向きで寝やすい環境を作りましょう。これと同時にお酒の飲みすぎにも注意です。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.