1. HOME
  2. 睡眠関連コラム市販の睡眠改善薬は効果ある?副作用が気になるなら安心な睡眠サプリ

市販の睡眠改善薬は効果ある?副作用が気になるなら安心な睡眠サプリ

市販の睡眠改善薬は効果ある?副作用が気になるなら安心な睡眠サプリ

不眠や睡眠障害を抱える人が始めに考える対策と言えば、やはり身近な市販の睡眠改善薬でしょう。近場のドラッグストアでも販売されていますし、医師の処方も必要ないので非常に気軽です。ただ、市販の睡眠改善薬は万能では無く、副作用があることも知っておきましょう。今回は安心な睡眠改善方法と合わせて紹介します。

市販の睡眠改善薬は効果ある?

市販の睡眠改善薬と言えば、ドリエル・ドリエルEXや、ネオディなどが有名でしょう。これらは値段も比較的安めになっており、手に入れやすいのが特徴です。そんな市販の睡眠改善薬の効果はどうかと聞かれれば、やはり長期にわたって販売されているだけのことはあり、それなりにあると言えます。

そもそも睡眠改善薬に含まれる有効成分はジフェンヒドラミン塩酸塩という名前なのですが、実はこれ、風邪薬や鼻炎薬に使われていた成分なんです。みなさんも一度は風邪薬などを飲んだことがあると思います。そんな時、眠気を感じたことはないでしょうか。その眠気こそがジフェンヒドラミン塩酸塩の効果であり、これを活用したのが睡眠改善薬なんです。そのため、市販の睡眠改善薬にもしっかりと睡眠導入の効果があり、個人差はあれど、眠れない症状を緩和してくれます。

ただ、睡眠改善薬はあくまで一時的なものであり、根本的な原因を取り除いてはくれません。そのため、浅く質の低い眠りになることが多いです。そして、問題となるのは睡眠改善薬の副作用。風邪薬などと同じようにいくつかの副作用に注意しなくてはなりません。ちなみに、睡眠改善薬の種類によってはジフェンヒドラミン塩酸塩だけでなく、ブロムワレリル尿素、アリルイソプロピルアセチル尿素などの不安解消効果のある成分が含まれていたりします。こちらも風邪薬に使われているようです。

睡眠改善薬の副作用

市販でお手軽な睡眠改善薬はいくつかの副作用を持っています。たとえば、代表的なものとしては倦怠感。睡眠改善薬を飲み続けていると体から疲れが抜けきらず、いつまでもダルさが残った感覚に陥り、疲れが溜まる一方になってしまいます。また、日中に急な眠気を催すこともあり、日常生活に支障をきたすことも。ですので、睡眠改善薬を服用した際は急な眠気に備えて車の運転は避けておくのが無難です。

これに加えて意味もなくイライラしたり、人によっては頭痛がしてきたり。全員が全部の症状を発症するわけではありませんが、副作用がいくつかある事実も覚えておいてください。これは副作用というのか微妙なところですが、睡眠が浅くなるので夢を見る回数も自然と増えてきます。夢というのは睡眠が浅い状態で見るものなのです。

睡眠サプリなら副作用がない?

これら副作用が気になって睡眠改善薬に手が出せない人には睡眠サプリがおすすめです。サプリと薬は何となく一緒にされがちですが、実は全くの別物。基本的に睡眠サプリを初めとしたサプリメントには副作用の多い成分は含まれておらず、含まれているのは日常の生活で不足しがちな栄養素など。いわば食品の一種であり、薬とは根本的に違うのです。そのため、睡眠改善薬のような副作用に不安を感じる必要もなく、あくまでも食生活のサポート感覚で服用できます。

ちなみに、睡眠サプリに含まれる代表成分はトリプトファンやGABAなど。トリプトファンは体内で睡眠ホルモンを作り出すサポートをし、最終的に快適な睡眠へと導いてくれますし、GABAはストレスを緩和して精神のバランスを安定させてくれます。もちろん、これだけではなく睡眠サプリの種類によって様々な成分が配合。安心安全に睡眠障害を根本から改善してくれるので、今まで睡眠改善薬に頼っていた方も、これからは睡眠サプリに切り替えてみてはどうでしょうか。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.