1. HOME
  2. 睡眠関連コラム睡眠薬の依存性ってどれくらい強い?依存が気になるならサプリが安心

睡眠薬の依存性ってどれくらい強い?依存が気になるならサプリが安心

睡眠薬の依存性ってどれくらい強い?依存が気になるならサプリが安心

睡眠のお悩みを抱えている人の中には、睡眠薬を飲むことを検討している人もいると思います。睡眠薬を飲むにあたって、依存性を心配している人は多いのではないでしょうか?睡眠の悩みが解消されても、睡眠薬に依存してしまい、いつまでも睡眠薬に頼らなければならないようになってしまうのは、避けたいですよね。睡眠薬といっても、依存性の高いものから、依存性の比較的低いものまで、種類はそのさまざま。不眠の限度や、体質によって処方される薬は変わってきます。

睡眠薬の中でも、バルビツール酸系のものは、依存性が特に高いといわれていますが、最近では極端に不眠症状のある人のみにしか処方されなくなっており、最初は比較的依存性の低い成分の優しい睡眠薬が処方されることが多いようです。どのような睡眠薬を飲むにしても、その成分や依存性について知っておくことはとても大切です。

そもそも睡眠薬の「依存」って何?

「依存」ときくと、怖いイメージを持っている人が多いと思います。しかし、依存は以外にも身近なもので、タバコやコーヒーなど、私達がなじみのある嗜好品にも、依存性があるものがあります。このように、意外と身近な「依存」は、睡眠薬にも起こりうることです。そこで、依存とはどのような状態を指すのかを知っておきましょう。

精神依存

快楽を得るために、薬を飲みたい!という衝動に駆られるのが、精神依存です。麻薬などの違法な薬物の多くは、この精神依存の作用があるものばかりです。最近の睡眠薬については、服薬することで体に快楽を得たり幸福感を感じたりすることはないため、精神依存は比較的起こりにくいものがほとんどです。精神依存の面に関しては、安心して使っても良いといえるでしょう。

身体依存

身体依存とは、薬を飲むことで、薬が体の中にある状態が普通だと思い込んでしまう状態のことです。この状態になると、薬を飲まずにいて体の中の薬がなくなると、体がそれを異常と判断してしまいます。つまり、あるはずのものがない状態になるため、体にさまざまな異常が現れます。これが、離脱症状です。離脱症状には、頭痛やめまい・手の振るえなど、さまざまな症状があげられます。睡眠薬を飲むと、この身体依存をもたらしてしまう可能性があります。

そのため、睡眠薬を飲んでいた人が薬をやめる際には、このような不快な離脱症状が現れる可能性があります。もっとも問題なのは、離脱症状のひとつに、「不眠」が起こる可能性がある点です。眠れなくて睡眠薬を飲み始めたのに、改善されて薬をやめたとたんに離脱症状もあいまって不眠が再発してしまったり、場合によってはリバウンドのようにさらに酷い不眠状態に陥ってしまう可能性も考えられます。このように、睡眠薬の怖いところは、身体依存による離脱症状です。睡眠薬を飲む際にも、やめる際にも、医師の診察をしっかりとうけ、指示を守ることが大切といえます。

依存が心配なら、サプリメントがおすすめ

このように、睡眠薬は身体依存が現れる可能性があります。つまり、睡眠障害が良くなって薬をやめたくなっても、薬をやめられなくなってしまうことも考えられます。睡眠薬の依存性が気になる人は、サプリメントで睡眠のサポートをすることがおすすめです。サプリメントは食品であるため、睡眠薬のような依存性がなく、安心して飲むことができます。

サプリメントなんかで、睡眠障害が改善されるのか?と思う人もいるでしょう。サプリメントには、睡眠に有効な成分が含まれているものがたくさんあります。また、薬とは違って優しい成分によって睡眠に作用します。自然にゆっくりと効果が現れてくるので、体への負担も少ないんです。依存性も少なく、効果も確かなので、安全な方法で睡眠のトラブルを改善したい人は、サプリメントこそがぴったりの対策方法といえます。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.