1. HOME
  2. 睡眠関連コラム寝る前のブルーライトに要注意!不眠につながる原因と対策方法

寝る前のブルーライトに要注意!不眠につながる原因と対策方法

寝る前のブルーライトに要注意!不眠につながる原因と対策方法

眠る前に、スマートフォンを見ている人は多いのではないでしょうか?1日の終わりに、スマートフォンで友人とやりとりをしたり、1日のニュースをチェックしているという人もいると思います。しかし、この誰でもやっているような当たり前の行動が不眠の原因となってしまっている可能性があるんです。

ブルーライトが不眠の原因になる

スマートフォンやパソコンからの光をブルーライトと呼びます。このブルーライトは、人の体内時計を狂わせる原因となります。ブルーライトを浴びると、メラトニンの分泌が大幅に減少します。睡眠ホルモンであるメラトニンが減少すると、目が冴えてしまいなかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなってしまったりと不眠の症状がでてしまいます。メラトニンは、本来は夜間の睡眠時に分泌され、これによって眠気を感じるようになります。

反対に、日中はメラトニンが減少することで、眠気がなくなり活動的になれます。このメラトニンの分泌のリズムは、睡眠にとって非常に重要になってきます。ブルーライトを浴びる習慣は、メラトニンの分泌をリズムを狂わせてしまい、結果的に不眠へと繋がってしまうのです。

ブルーライト対策をしよう

眠る前のブルーライトの対策として、効果的な方法は以下のとおりです。

ブルーライトをカットするめがねをかける

最近では、ブルーライトをカットすることができるめがねが販売されています。ブルーライトカットのめがねは、不眠対策になるだけでなく目への負担も軽減してくれるため、パソコンを使った仕事をしている人には特におすすめです。

ブルーライトをカットするフィルムをスマートフォンに貼る

眠る前にスマートフォンを見る習慣のある人は、スマートフォンの画面に貼るフィルムでブルーライトの対策をしましょう。ブルーライト対策だけでなく、画面の保護もできるので、一石二鳥ですよ。

眠る前にはスマートフォンやパソコンをみない

一番は、眠る前にスマートフォンやパソコンの使用を控えることです。だいたい1時間くらい前には、スマートフォンやパソコンを使わないようにすると、睡眠に影響が出にくくなります。睡眠は、健康面にも美容面にもとても重要なものです。ブルーライトによる不眠を防いで、良質な睡眠を手に入れましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.