1. HOME
  2. 睡眠関連コラム効きめや副作用は?市販の睡眠薬と病院で処方される睡眠薬の違い

効きめや副作用は?市販の睡眠薬と病院で処方される睡眠薬の違い

効きめや副作用は?市販の睡眠薬と病院で処方される睡眠薬の違い

睡眠の悩みを抱えている人は、多いのではないでしょうか?不眠は、ストレスの多いこのご時勢では現代病のひとつともいえます。不眠症は、疲れているのに体を休めることができない状態であり、とても辛いものです。なんとかして不眠を改善したい。そう思っている人も多いと思います。不眠を改善するときに有効な方法として、睡眠薬があげられます。

その睡眠薬には、医師に処方されて手に入れるものと、医師の処方箋の必要なく手に入れることができる市販のものがあります。どちらも不眠には効果を発揮してくれますが、それぞれ異なる特徴をもっています。それでは、病院で処方される睡眠薬と市販の睡眠薬、それぞれの特徴をみていきましょう。

病院で処方されている睡眠薬

病院で医師の診断を受けて処方される薬には、睡眠導入剤・抗不安薬・鎮静剤などの種類があります。これらの薬には、短時間作用型・中間作用型・長時間作用型と、効果が持続する時間もさまざまで、症状によって合ったものを処方されます。病院で処方される睡眠薬は、ベンゾジアゼピン系のものが主流となっています。

通常、眠りにつくときには、交感神経よりも副交感神経が優位になり、体がリラックス状態になります。しかし、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅かったりといった不眠症状が起こっているときには、交感神経が優位になっています。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、脳が覚醒する物質を抑制し、興奮を抑える成分であるGABAの分泌を助ける働きがあります。これによって、副交感神経が優位になり、体がリラックス状態になるため、眠りにつきやすくなるというわけです。

市販の睡眠薬

市販の睡眠薬は、「睡眠改善薬」と呼ばれ、医師の診察や処方がなくても手に入れることができます。市販の睡眠改善薬は、薬のある成分の副作用を利用したものです。風邪薬や鼻炎の薬を飲んだときに、眠くなってしまったり頭がボーっとした感覚になったりすることはありませんか?これは、薬に含まれている「抗ヒスタミン剤」による副作用が原因といわれています。抗ヒスタミン剤によって覚醒を邪魔されることで、眠気をもよおすことになるんです。

市販の睡眠改善薬は、医者に処方される薬とは違って副作用の心配がありません。喉の渇きや寝起きの倦怠感などを感じることはありますが、強い副作用がないので、仕事のストレスなどによる一時的な不眠状態や、病院にいくほどでもない軽い不眠症状の人・眠れないときの頓服のような感覚で常備しておく薬などとして人気です。

市販の睡眠薬には、よく知られている睡眠改善薬だけでなく、催眠鎮静薬もあります。催眠鎮静薬は、イライラや不安感・緊張感などによって一時的な不眠状態になったときに効果を発揮してくれます。催眠・鎮静薬には、催眠・沈静作用のある、カノコソウ・チョウトウコウなどの生薬が配合されています。また、質の良い睡眠に効果のあるサプリメントなども販売されているので、自身の不眠の症状を考慮して、薬局の薬剤師に相談して、睡眠薬選びをすると良いでしょう。

不眠が長期間続くときには

不眠の症状に気がついたときには、まずは市販の睡眠改善薬や、催眠鎮静薬で不眠に対処していく人が多いと思います。しかし、どんなに飲んでも不眠症状が改善されず、不眠が長引きそうなときには、不眠の原因となる根本的な要因にアプローチする必要があるかもしれません。自己判断でやみくもに対処しないで医師に相談することで、不眠をスムーズに解決することに繋がります。

睡眠薬は、スムーズに入眠できるようにサポートするためのものであり、不眠を治すものではありません。不眠は、ストレスや過労など、不眠になってしまう原因を取り除かなければ、解決には繋がらないのです。長引く不眠には、これらの不眠の原因を解決するためにも医師の診察を受けましょう。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.