1. HOME
  2. 睡眠関連コラム妊娠中の不眠の原因や対策!妊婦さんには睡眠薬よりサプリがおすすめ

妊娠中の不眠の原因や対策!妊婦さんには睡眠薬よりサプリがおすすめ

妊娠中の不眠の原因や対策!妊婦さんには睡眠薬よりサプリがおすすめ

待ちに待った妊娠。愛する人とのかわいい赤ちゃんとの出会いを心待ちにしていることと思います。しかし、しあわせいっぱいのマタニティライフを想像していたのに、思いの外大変なことが多い!という人もいるのではないでしょうか?妊娠中は、とてもデリケート。妊娠前では想像もつかなかったトラブルに見舞われることもあります。そんな妊娠中のトラブルのひとつに、不眠があげられます。

妊娠中に不眠症状が出るのはなぜ?

妊娠すると、体にさまざまな変化が起こります。これまでの身体とはまったく別物のような、体調の変化や感覚の変化に驚かされることと思います。妊娠中の変化の中でも、多くの人が体験するのが「不眠」です。妊娠すると、なぜ不眠の症状が出るのでしょうか?

妊娠初期

妊娠してばかりの時期である妊娠初期は、妊娠前の身体から、人を産み育てるための大きな変化を成し遂げます。その変化は、女性ホルモンによって起こります。妊娠すると、女性ホルモンのバランスが大きく変わります。この変化についていけず、つわりなどの体調不良を起こしてしまいます。妊娠初期は、主に体調不良によって眠れなくにってしまうことが多いようです。夜、寝る時間になってからも吐き気を感じるためなかなか眠れず、不眠となってしまうのです。

また、妊娠初期は妊娠前と比べて体温が高い状態にあります。これも、女性ホルモンによる影響のひとつです。体温が高いことも、なかなか寝付くことができない原因となっています。人がスムーズに眠るためには、体温を低い状態にすることが重要になります。高い体温から、低い体温への温度差が、眠りにつながると言われています。妊娠中は体温が高く、常に微熱のような状態です。身体が火照って寝苦しいときには、冷却シートで頭を冷やすなどしてみると良いでしょう。ただし、お腹や下半身は、赤ちゃんのためにも温めておきましょうね。

妊娠中期

妊娠中期は、いよいよお腹が膨らんでくる時期です。膨らんでくるお腹を気にして、なかなか寝付けないこのともあります。また、赤ちゃんも大きくなってきているため、胎動を感じられるようになります。妊娠中期は、この胎動によって眠りが浅くなる人もいるようです。

妊娠後期

妊娠後期になると、さらにお腹が大きくなり、寝られる体勢が限られてきます。これまでは当たり前に出来た、仰向けの姿勢やうつ伏せの姿勢が出来なくなるため、寝苦しく感じることが多いようです。大きいお腹の場合、「シムスの体勢」という横向きの体勢だと、楽に寝られます。大きめの抱き枕を足に挟むなどして、楽な体勢が取れる工夫をしてみましょう。また、大きくなった子宮に膀胱が圧迫されることで、頻尿になることも不眠の原因のひとつです。妊娠後期は、女性ホルモンのエストロゲンが増加します。エストロゲンは交感神経に作用するものなので、眠りにくくなってしまいます。

妊娠中はサプリメントで不眠対策を

妊娠中は、体がデリケートに出来ているため、疲れやすかったり風邪を引きやすかったりすることもあります。さらに、妊娠中の不眠が原因で、体調不良を招いてしまうことも少なくありません。あまりにも不眠の症状がひどいときや、眠れなくて体調不良が続く場合には、サプリメントで不眠対策をしてみると良いでしょう。

サプリメントは、医薬品である睡眠薬と違って食品のひとつであるため、副作用や赤ちゃんに及ぼす影響も心配ありません。妊婦さんでも安心して不眠対策が出来るので、とてもおすすめです。妊娠中は不眠の原因となる要素がたくさんあります。できるだけ快適に睡眠が取れるような環境や習慣を作り、それでも不眠が改善されないときには、サプリメントで補ってみてはいかがでしょうか?

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.