1. HOME
  2. 睡眠関連コラム暑くて眠れない!寝苦しい夏の不眠になる原因と対策方法まとめ

暑くて眠れない!寝苦しい夏の不眠になる原因と対策方法まとめ

暑くて眠れない!寝苦しい夏の不眠になる原因と対策方法まとめ

夏になると、暑くて眠れない日も出てきます。現に、夏場は1年で一番睡眠時間が短くなるというデータもみられます。どんな寝苦しい夏場でも、ぐっすり眠る方法について、ご紹介します。

夏に不眠になる原因は?

夏に眠れない原因は、主に気温が高いことです。気温が高く、汗をかいたりほてりをかんじたりすることで、寝つきにくくなります。また、湿度も寝苦しさに大きな影響を及ぼします。人は、体温が下がるタイミングで眠気を催します。しかし、湿度が高い状態だと、体温が下がりにくくなってしまうのです。湿度が高いことで、皮膚表面の汗がいつまでも蒸発せず、それによって体内の熱がいつまでも高い状態になってしまいます。それによって、なかなか寝付けなくなってしまうのです。

夏の不眠対策について考えよう

寝具にこだわる

リネンなどの乾きやすくサラサラとした手触りの寝具は、湿度が高く寝苦しい夜でも心地よく眠ることができます。また、ひんやりとした特殊素材の寝具も、熱帯夜の夜でも快適です。

外気を取り入れる

窓を閉め切っている部屋は、空気の循環が滞ってしまい、湿度も高くなります。こまめに外気を入れることで、部屋に新鮮な空気を入れると、夏でも過ごしやすい部屋にすることができます。

冷却シートやアイスノンなどで頭を冷やす

体が火照って眠れないときには、冷却シートやアイスノンなどで頭を冷やして眠るのも効果的です。頭を冷やすことで体も徐々に冷えてくるため、眠りに入りやすくなります。

エアコンを短時間利用

どうしても暑くて眠れないときには、無理せずエアコンをつけましょう。つけっぱなしで眠るのは体に良くないですが、眠り始めの3、4時間エアコンをつけるのは、質の良い眠りに効果的です。夏の寝苦しい夜でも、しっかりと眠りたいですよね。そんなときには、これらの方法を試してみてください。ぐっすりと眠ることができれば、朝からアクティブに活動することができますよ。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.