1. HOME
  2. 睡眠関連コラム休みの日に寝すぎてしまう原因は?サプリなどで睡眠の質を上げて対策

休みの日に寝すぎてしまう原因は?サプリなどで睡眠の質を上げて対策

休みの日に寝すぎてしまう原因は?サプリなどで睡眠の質を上げて対策

会社のある平日と違って休日はついつい寝すぎてしまうもの。しかし、せっかくの休日に寝すぎてしまうと、やりたい事が出来ずに後悔することもありますよね。では、休みの日に寝すぎてしまう原因はなんなのでしょうか。今回は原因と共に対策も紹介するので経験のある方は見ていってください。

原因は睡眠の浅さ?

休みの日に寝すぎてしまう人は睡眠の質が低下している可能性があります。実は人間というのは年齢を重ねるごとに睡眠の質が低下する傾向にあり、40代を過ぎてくると自然と睡眠が浅くなってくるのです。そして、睡眠が浅いということは時間に対しての疲労回復効果も薄く、疲労を完全に回復させるためにダラダラと長く眠ってしまいます。仕事に例えるなら全力でうちこんで定時にあがるか、ダラダラと残業するか、といったところでしょうか。

特に睡眠に入ってから3時間以内に目の覚める回数の増えた方は注意。年齢と共に睡眠が浅くなっている可能性が高いです。年齢によるものなので仕方ないと思うかもしれませんが、これは努力次第で解消することが可能。下記の項目で詳しく説明しますが、サプリなどで睡眠の質を上げることができます。ちなみに、休日に寝すぎてしまう傾向にある方は体内時計を崩さないためにも早めの睡眠をおすすめします。昼頃まで寝てしまうと体内時計の乱れから睡眠の質がさらに低下してしまうのです。

睡眠の質はサプリで上がる?

睡眠の浅さから休みの日に寝すぎてしまう人はサプリを使って睡眠の質を上げるといいでしょう。数多く存在する睡眠や休息のためのサプリメントには、睡眠の質を上げるための成分がたくさん配合されています。たとえば、アミノ酸であるトリプトファンには睡眠に重要なメラトニンを作りだす効果があります。摂取したトリプトファンは体内でセロトニンを経由してメラトニンとなり、夜になれば自然と体を睡眠モードへと移行してくれるのです。そのため眠り始めるまでに時間のかかる方にもいいでしょう。

また、サプリには同時にグリシンと呼ばれる成分が配合されることも多め。この成分には睡眠を深くして質を向上させる効果があり、摂取することで目覚めがスッキリすると言われています。おそらく、休日の寝すぎを感じる方の多くは、平日の朝に辛さを感じているはず。休日の寝すぎはそんな日常的な寝不足が蓄積した結果かもしれないので、睡眠の質を上げて毎朝を気持ちよく迎えましょう。他にもストレスを緩和するためのGABAや、緑茶に含まれるテアニン等が効果的なので覚えておいてください。

運動も取り入れよう!

サプリと同時に生活に取り入れてほしいのが軽い運動です。人間は運動不足になると脳と体の疲労のバランスが崩れ、そこから睡眠時間がおかしくなってしまうこともあります。また、適度な運動は睡眠に大切なメラトニンを増やすうえでも重要なことです。日ごろからデスクワークで脳ばかり使っている方は軽い運動を習慣づけていきましょう。ちなみに、運動をするのは朝日が出ている時間がおすすめ。太陽光にもメラトニンを増やす力があるのです。

寝すぎは体質によるものかも?

休日の寝すぎは単純に日常的な睡眠不足からくるものかもしれません。一般的に成人は1日7時間半の睡眠が必要とされています。ただ、人によっては7時間半では十分でなく、9時間以上の睡眠が必要になることも。こういった人のことをロングスリーパーといい、人口の5から10%程度にあたるようです。体質の改善は難しいので、ロングスリーパーだと思う方は早めに寝るなどして睡眠時間をしっかりと確保するようにしましょう。もちろん、睡眠時間だけでなく睡眠の質も重要になってくるので上記で説明したサプリなどを使って睡眠の質を上げることも考えてみてください。

  • グットナイト27000朝までぐっすり幸せな休息時間を…

    © 2019 睡眠快眠ナビ All Rights Reserved.